株の配当利回りランキング!配当金で生活できる目安とおすすめの優待銘柄

[kodama_profile]

目次

配当利回りのわかりやすい意味・仕組みとは?

株を一定期間以上保有すると、企業は利益の一部から配当金を株主に還元します。これが株の魅力です。配当利回り(はいとうりまわり)とは、1株当たりに年間どれくらいの配当金がつくのかを示す割合です。 年間配当金の予想値で計算します。これを指標にして、年間、配当金がどれ位もらえるかを予想して、投資をする判断材料にしますよ。 配当利回りは、
1株当たりの年間配当金÷株価
以上の計算式で求めることができます。 株価が下がると、配当利回りは上がります。配当金は株価が上がることの利益よりも確実性が高いので、配当利回りを重視して見る投資家います。

配当利回りと配当性向の違い・株価収益率(PER)との関係とは?

勘違いしてしまいそうな株式の用語から、「配当利回り」「配当性向」「株価収益率(PER)」を見ていきましょう。どれも投資家が見ている指標です。 「配当性向」とは、1年間の純利益から株主に配当金がどのくらい支払われているかを割合で示したものです。 配当性向を求める計算式があります。
1株当たりの年間配当金÷1株当たりの当期純利益
配当利回りとは分母が違いますね。 次に「PER(Price Earnings Ratio)」です。株価が1株当たりの純利益の何倍になっているかを見る指標です。 PERを求める計算式は以下の通りです。
株価÷1株当たりの純利益
「株価は安いけど、利益が大きく出ている企業」という銘柄を狙いたいものです。株価が安いほどPERが小さい!利益が多い企業ほどPERは小さくなるという指標です。PERの値が低いほど、株価は割安ということです。 配当利回りは、株価と配当金の関係を見る指標、配当性向は、1年間の純利益と配当金の関係を見る指標、PERは当期純利益と株価の関係を見る指標です。どれも関連していますね。

株の配当利回りの目安はどのくらいを基準にしたら良い?

配当利回りの目安は何パーセント位を基準に見るのがいいのでしょうか? 目安は配当利回りと株主優待を合わせて4%以上を選択基準にするとよいようです。 配当利回りがそれほど高くなくても、株主優待が豪華な場合は、軽く10%近くになる企業もあります。 株主優待は、ある一定以上の株を保有する株主に、企業から自社製品や、サービス券などさまざまな優待がプレゼントされるものです。

配当利回りはいつ受け取りできるものなの?配当率の決め方は?

配当利回りは「配当権利確定日」にもらうことができます。決算月の月末が多いです。後で詳しく紹介します。企業によっては「中間配当」を出すところもあります。この場合は、決算月の半年後の月末になります。 配当率はどのようにして決められているのでしょう。配当金額は、商法第290条で定められ、限度額以内なら何パーセントでも自由に決めることができます。企業の成績が良い場合、100%以上でもいいのです。欧米などでは高配当の企業も多いようです。 株式投資を始めたら、銘柄の配当利回りはもちろん、配当権利確定日を知っておくことも大切ですね。

配当利回りと益周りの違いとは?

益回りというのも、配当利回りと同様に株式投資の指標となる割合です。 1株あたりの当期純利益÷株価で計算できます。例をあげて見てみましょう。
例)A社は株価が500円、1株当たりの税引き後の当期純利益40円、配当金は5円とします。 益回りは40÷500=0.08 益回りは8%となります。 配当利回りは5÷500円=0.01 配当利回りは1%となります。 A社に投資すると、年率8%のリターンが見込めると参考にできます。
先ほど紹介したPERは益回りの逆数になっています。 PERは500÷40=12.5です。 A社にいまの株価で投資すると、投資元本を利益で回収するのには12.5年かかるということが見えてきます。

配当利回りの権利確定日とは

配当利回りの「配当権利確定日」は、企業の決算月の月末であることを紹介しました。この権利確定日は企業によって異なり、決算期(3月、9月など)の月末が権利確定日になります。この月末が土日、祝日と重なる場合は、前日の営業日に振り替えられます。 権利確定日にこの銘柄株をもっていることが必要です。厳密にいうと、配当権利確定日の3営業日前の「権利付き最終日」に株を持っていることが条件となります。 例で見ていきましょう。
9月30日(金)が権利確定日の場合、権利付き最終日は9月27日(火)となります。 権利付き最終日が金曜日にあたる場合は、3営業日前をチェックする注意があります。
権利付き最終日以降に株を売っても配当はもらえます。売っても良い日は、曜日に左右されますから、必ずチェックしておきましょう。

配当利回りと期待収益率は同じではないの?

その株を持ち続けた場合、支払われる配当について考えられる指標のひとつが「期待収益率」です。「配当割引モデル」という理論株価を求める手法で使われます。 配当割引モデルとは、その株を持ち続けて、将来得られる配当金の合計額を期待収益率で割り引いて求めます。現在の価値にして株価を見ようという理論です。 投資家が将来に要求しているのが期待収益率で、現在の価値に割り引いた値の合計が、現在の株価の適正額であるという考え方です。現実の株価と比較して、割安なのか、割高なのかを判断します。 このほかに、期待収益率は配当利回り+キャピタルゲインという考え方もあります。

配当利回りだけで不労所得として生活することはできる?

株式投資をして、働かないで配当利回りだけで生活することはできるのでしょうか? 後で国内、海外の銘柄の配当利回りを紹介しますが、国内株の配当利回りは1~3%台が多いです。配当だけで生活していくのは難しいことがわかります。 例えば年間360万円で生活をしたいと考えた場合、配当利回りが2%(税引き後1.6%)の株式に投資するとしたら、2.25億円が必要です。配当利回り4%(税引き後3.2%)でも1.125億円が必要という計算になります。 もちろん、10%以上の配当利回りをする銘柄をあります。海外にはもっと高配当の企業も多くあります。

非上場会社株式の配当利回りはどのくらいなの?

上場していない企業の配当利回りも千差万別です。配当利回りも会社によって異なります。0%というところもありますし、1000%というところもあるようです。

配当利回りの関連用語解説

続いて、配当利回りと関連した株式投資の用語を見ていきましょう。配当利回りを見る際に、触れる機会が多い用語ばかりです。さらに株式投資について詳しくわかりますね。

配当利回りの関連用語・加重平均について

主な海外主要国の株式利回りで用いられるのが「加重平均型」という見方です。このため国債比較を行う際によく使われる用語が「加重平均利回り」です。市場全体の配当利回りを見る場合にも使われます。 株式の総投資額から総配当金額の利回りをみるもので、時価総額が加味されて算出した割合です。 計算式があります。
全銘柄の現金配当金総額÷全銘柄の時価総額×100
配当金の金額は、前期の確定配当金額を使用します。例をあげて見てみましょう。
例)A社の時価総額は50億円、B社は100億円とします。ともに配当金は1株10円です。配当金は同じですが、時価総額が違いますから、A社の方が配当金の重みがある、配当政策に積極的という判断材料になります。
加重平均利回りは企業の規模において、利回りはどうなのかを追求する数字となります。

配当利回りの関連用語・キャピタルゲインについて

利益には個人でも企業でも、さまざまな種類がありますね。株式投資の場合は、安く買って高く売る、また安く買い戻すということがあります。この収益をキャピタルゲインといいます。 キャピタルゲイン(capital gain)は、保有する資産の値段の変動をいかして、売り買いすることで得られる利益です。保有する株式や債券はもちろん、土地や建物、ゴルフ券や貴金属などで得た収益も当てはまります。 これに対して、資産運用、銀行預金の利息や投資信託の収益分配金などをインカムゲイン(income gain)といいます。株式では株主が企業から受け取る配当金が、インカムゲインですね。

配当利回りの関連用語・直接利回り

株式投資では、投資金額に対して利息を含めた年間収益の割合を「利回り」といいます。投資した金額を含めて年間収益がどの位あったのかを表す割合です。 「直接利回り」とは、利子をもとに年間の収益を計算したものです。毎年の利子収入だけを見て、この利子が投資元本に対して、年率何パーセントになるかをみます。「直利」ともいわれています。

配当利回り関連用語・無配当株とは?

無配当株とは、配当金が支払われない株です。無配当株に投資する場合は、配当金はありませんから、売り買いのみで利益を上げるようにしなくてはいけませんね。 無配当株にするのはどうしてでしょう。企業は配当金への支出を抑えて、利益を会社拡大などの投資に充てたいためです。 「配当金を支払わない企業なんて」という批判はもちろんありますが、利益を資金として、さらに利益をアップさせようという企業の姿勢であり、利益が上がれば株価も上がります。 この企業の株を買っておけば、多くの売却益を得られるとも考えられます。

配当利回りの関連用語・バリエーションとは

バリエーションとは、企業の価値評価を示す場合に使われます。「バリエーションに富んだ」という品ぞろえなどを示すバリエーション(variation)ではなく、評価を意味するバリエーション(valuation)ということです。 株式では、その株の価値と株価を比べて考える時に使われます。企業の株式の本質的な価値が、マーケットで取引されている株価と比べて割安感があるか、割高なのかということです。

様々な銘柄の配当利回りをチェック!

各マーケットから銘柄を選ぶ際、配当利回りをチェックすることが、目安になることがわかりましたね。配当利回りはどの位がいいのか、多くの銘柄を見ていかないと、なかなかわかりにくいものです。 国内マーケット、海外の銘柄の配当利回りなど、参考になるリストを紹介していきます。

東証一部の平均配当利回りはどのくらい?

東証一部全銘柄の平均配当利回り(売買単位換算)は前期基準1.61%となっています。 予想では1.76%です。(出典は日本経済新聞2018年4月末)

J-REITの平均配当利回りは?

不動産投資信託のJ-REITの平均配当利回りは4.12%となっています。(出典Japan REIT、2018年4月)

アメリカ株配当利回りの平均は?

アメリカのマーケットから、配当利回りを見ていきましょう。 高配当利回りのトップ5の企業と、その配当利回りを紹介します。1位の企業は情報サービスの企業です。
1 フロンティア・コミュニケーションズ 40.76%
2 CBLアンド・アソシエーツ・プロパティーズ 23.54%
3 ウィンドストリーム 13.18%
4 センチュリーリンク 12.27%
5 ゲームストップ 11.8%

(出典:morning star米国株式情報)

国内株の配当利回り

国内の主要銘柄から、予想配当利回りを見ていきましょう。 トヨタ自動車 3.1% ANAホールディングス(全日空) 1.41% イオン 1.63% 三菱UFJファイナンシャル・グループ(MUFG) 2.51% 宇部興産 1.77% セイコーエプソン 3.01% オリックス 3.27% オリエンタルランド 0.37% 花王 1.55% キャノンの配当利回りの会社予想はありません。 クックパッドの配当利回りの会社予想はありません。 クボタの配当利回りの会社予想はありません。 クラレ 2.33% クイック 1.92% 黒田電気の配当利回りの会社予想はありません。 栗田工業 1.50% クレハ 1.72% コマツ 1.94% コーエーテクモホールディングス 2.62% サントリー食品インターナショナル 1.44% サイバーエージェント 0.57% SUBARU(スバル)・富士重工業 4.10% 住友商事 3.13% すかいらーく 2.43% 住友不動産 0.64% 住友化学 3.13% セブン銀行 2.79% 積水ハウス 4.06% セガサミーホールディングス 2.37% ソニー 0.46% ソフトバンクグループ 0.53% 双日 3.12% 相鉄ホールディングス 1.50% ソーダニッカ 1.88% 武田薬品工業 3.71% ツバキ・ナカシマ 3.07% ツムラ 1.66% ツルハホールディングス 0.92% ツクイ 1.17% テルモ 0.74% テクノプロ・ホールディングス 1.86% 帝人 2.92% 帝国ホテル 0.66% 東レ 1.37% ナブテスコ 1.84% 中本パックス 2.74% ナガイレーベン 1.92% 南海電気鉄道 1.07% 長谷工コーポレーション 2.99% 日産自動車 4.67% 任天堂 1.09% 日本郵政の配当利回りの会社予想はありません。 NEC 2.04% ネットワンシステムズ 1.92% 野村ホールディングスの配当利回りの会社予想はありません。 ノーリツ 1.62% ノジマ 1.20% ノエビアホールディングス 1.93% ハウス食品グループ本社 0.96% 阪急阪神ホールディングス 0.97% 浜松ホトニクス 0.84% ハニーズホールディングス 1.93% ハピネット 2.56% 日立製作所の配当利回りの会社予想はありません。 日立金属 1.91% ひらまつ 1.99% 光通信 1.69% 広島銀行 2.2% ファナックの配当利回りの会社予想はありません。 富士通 1.67% 富士フイルムホールディングス 1.73% 藤商事 3.85% 平和 3.70% ホンダ 2.67% 星野リゾート・リート投資法人の配当利回りの会社予想はありません。 HOYAの配当利回りの会社予想はありません。 北陸電力 0% ホクト 3.05% 丸紅 3.58% マツダ 2.37% 丸三証券 6.26% みずほフィナンシャルグループ 3.80% 三井物産 3.64% 三井住友フィナンシャルグループ 3.48% 三菱商事 3.36% 村田製作所 1.85% ムゲンエステート 2.21% メタウォーター 1.77% メガチップスの配当利回りの会社予想はありません。 明治ホールディングス 1.34% 名古屋鉄道 1.01% メイテック 2.58% モスフードサービス(モスバーガー) 0.79% 森トラスト総合リート投資法人の配当利回りの会社予想はありません。 森永乳業 1.01% DMG森精機 2.53% モリト 2.49% ヤフーの配当利回りの会社予想はありません。 ヤクルト本社 0.44% ヤマダ電機 2.30% ヤマハ発動機 2.60% ヤマトホールディングス(ヤマト運輸) 0.94% 安川電機 1.09% 吉野家ホールディングス 0.99% 横浜銀行 2.69% ヨネックス 0.83% 楽天の配当利回り会社予想はありません。 リコー 1.36% ルネサスイーストン 1.78% レオパレス21 2.25% ローソン 3.55% ローム 2.48% ロート製薬 0.72% ワタミ 0.34% ワコム 1.11% ワコールホールディングス 2.24% WOWOW 2.37% 日本電信電話(NTT) 2.90% NTTドコモ 3.61% NTTデータ 1.30% NSD 2.26% ガンホー・オンライン・エンターテイメントの配当利回り会社予想はありません。 学研ホールディングス 1.46% Gunosy(グノシー)の配当利回り会社予想はありません。 グンゼ 1.21% グリーの配当利回り会社予想はありません。 ブライトパス・バイオ(グリーンペプタイド) 0.00% ぐるなび 2.91% 群馬銀行 1.92% ゲオホールディングス 1.98% 極楽湯 0.90% ザッパラスの配当利回り会社予想はありません。 日本航空(JAL) 2.47% 図研 1.31% ゼンショーホールディングス 0.72% ゼンリン 1.07% ゼビオホールディングス 1.72% 大和証券グループ本社の配当利回り会社予想はありません。 第一三共 1.90% ダイハツ工業の配当利回り会社予想はありません。 第一生命ホールディングス 2.09% ダイキン工業 1.02% デンソー 2.21% 電通 1.75% ディー・エヌ・エー 1.52% デクセリアルズ 3.36% ドトール・日レスホールディングス 1.39% ドンキホーテホールディングス 0.46% シーズ・ホールディングス(ドクターシーラボ) 1.10% バンダイナムコホールディングス 2.59% バイク王&カンパニー 2.00% バローホールディングス 1.51% ビックカメラ 0.70% ブロッコリー 0.80% ブリヂストン 3.51% ブックオフコーポレーション 1.20% ベネッセホールディングス 2.36% ボルテージの配当利回り会社予想はありません。 パナソニック 1.90% パーク24 2.27% パルコ 1.79% パイオニア 0.00% パイロットコーポレーション 0.68% パイプドビッツ 1.51% パナホームの配当利回り会社予想はありません。 ピープルの配当利回り会社予想はありません。 ピジョン 1.38% ぴあ 0.27% プレナス 3.23% プレミア投資法人の配当利回り会社予想はありません。 プラッツ 1.37% ポーラ・オルビスホールディングス 1.71% 東日本旅客鉄道(JR東日本) 1.38% ヴィレッジヴァンガードコーポレーション 1.38%

海外株の配当利回り

国内の企業の配当利回りを見たところで、海外の主な銘柄も気になりますね。海外株の配当利回りを見てみましょう。 IBM 4.14% グラクソ・スミスクライン 6.52% ウィルズ・ファーゴ 2.97% ウォルマート 2.39% コカ・コーラ 3.57% スターバックス 2.07% テルストラ・コーポレーション 10.63% ナイキ 1.21% ネスレ 3.29% ノバルティス 3.77% マクドナルド 2.54% マイクロソフト 1.77% ロイヤル・ダッチ・シェル 5.17% ロシュ・ホールディング 3.77% ロッテの配当利回りはありません。 ガスプロム 5.57% ギリアド・サイエンシズ 2.88% アルファベット(グーグル) 2.27% ウォルト・ディズニー 1.68% ダウデュポン 2.30% ドイツ銀行 0.95% バークシャー・ハサウェイ 0.96% ボーイング 2.02% ボーダフォン・グループ 6.18% プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) 3.89% プロロジス 2.95% プルデンシャル・ファイナンス 3.36% ペプシコ 3.14% ペトロブラスの配当利回りはありません。 ヴァーレの配当利回りはありません。

配当利回りの良い銘柄ランキング

各マーケット別に配当利回りの良い銘柄を見ていきましょう。各マーケットの上位5位を紹介します。

東証一部

順位 名称 配当利回り
1 丸三証券㈱ 6.26%
2 JT 5.24%
3 岩井コスモホールディングス㈱ 5.05%
4 ㈱エー・ディー・ワークス 5.00%
5 東海東京フィナンシャル・ホールディング㈱ 4.82%

(出典:yahooファイナンス 2018年4月23日現在)

東証二部

順位 名称 配当利回り
1 ㈱プロスペクト 7.55%
2 ㈱あかつき本社 4.42%
3 マミヤ・オーピー㈱ 4.27%
4 ㈱東海リース 4.22%
5 ナガホリ㈱ 4.10%

(出典:yahooファイナンス 2018年4月23日現在)

マザーズ

順位 名称 配当利回り
1 トラストホールディングス㈱ 3.67%
2 ㈱ミクシィ 3.26%
3 GMOリサーチ㈱ 3.23%
4 GMOメディア㈱ 2.93%
5 ㈱駅探 2.85%

(出典:yahooファイナンス 2018年4月23日現在)

外国株

順位 名称 配当利回り
1 フロンティア・コミュニケーションズ 40.76%
2 CBLアンド・アソシエーツ・プロパティーズ 23.54%
3 ウインドストーム 13.18%
4 センチュリーリンク 12.27%
5 ゲームストップ 11.71%

(出典morning star 米国株式情報2018年4月23日現在)

NYダウ

順位 名称 配当利回り
1 ベライゾン・コミュニケーションズ 4.63%
2 エクソンモービル 4.00%
3 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ 3.90%
4 ファイザー 3.89%
5 シェブロン 3.89%

(出典:チョコの株式投資Diary 2018年4月23日現在)

優待利回り

順位 名称 優待配当利回り
1 ビジョナリーHLD(JS) 421.05%
2 フォーシーズHLD(東二) 17.54%
3 ヴィア・HLD(東一) 13.85%
4 マルコ(東二) 12.20%
5 オートウエーブ(JS) 11.84%

(出典:会社四季報ONLINE 2018年4月23日)

J-REIT

順位 名称 分配金利回り
1 いちごホテルリート投資法人 6.73%
2 インヴィンシブル投資法人 6.05%
3 マリモ地方創生リート投資法人 5.99%
4 投資法人みらい 5.97%
5 トーセイ・リート投資法人 5.81%

(出典:Japan-REIT不動産投信情報ポータル 2018年4月23日)

ETFの高配当利回りランキング

ETFの分配金の利回りについて、上位5位を見ていきます。
順位 名称 分配金利回り
1 上場インデックスファンド新興国債券 5.80%
2 上場インデックスファンド豪州リート 3.68%
3 上場インデックスファンドJリート 3.63%
4 NEXT FUNDS東証REIT指数 3.42%
5 上場インデックスファンド海外債券 3.21%

世界各国・国別の配当利回り一覧

世界各国の配当利回りを国別に見ていきましょう。 45か国のデータから見た全世界の配当利回りは2.39%、日本の配当利回りは1.98%となっています(2018年3月現在)。
国名 配当利回り 国名 配当利回り
米国 1.91% 香港 2.48%
英国 4.07% シンガポール 3.17%
オーストラリア 4.51% 中国 1.8%
カナダ 3.17% インド 1.51%
フランス 3.05% ロシア 5.2%
ドイツ 2.63% インドネシア 2.43%
オーストリア 2.3% マレーシア 3.36%
イタリア 3.39% 韓国 1.78%
ブラジル 3.02% 台湾 3.65%
ニュージーランド 6.31% タイ 2.83%
南アフリカ 2.93% トルコ 3.7%

中国株の高配当利回り銘柄ランキング

中国の配当利回りは1.8%でした。中でも高い配当利回りの銘柄を見ていきましょう。中国も不動産関係やメディア関係の企業が上位になっています。
順位 名称 配当利回り
1 奥園地産 18.57%
2 新華文軒 8.70%
3 北京首創置業 6.89%
4 中視金橋 6.26%
5 中国銀行 6.23%

香港株の高配当利回り銘柄ランキング

中国でも、世界有数の経済圏となる香港の株から高配当利回りの銘柄を見ていきましょう。
順位 名称 配当利回り
1 聯泰控股 1078.95%
2 太平地氈 106.92%
3 亨得利 85.11%
4 橙天嘉禾 65.00%
5 現恒建築 37.74%

長期保有で配当利回りの良い銘柄の探し方

世界には高い配当利回りの銘柄がありますね。では、高配当で長期保有に向いている銘柄はどうやって探せばいいのでしょうか? 現在の配当利回りがよくても、それが維持できる銘柄なのか、さらに伸びるかを予想するのは難しいですね。 株のプロの見つけ方から、気になるチェックポイントを紹介します。

・利益の伸び率をチェックする

配当には企業の利益が大切です。営業利益が着実に伸び得ているかをチェックします。

・配当性向が高い銘柄は外す

配当性向が100%の銘柄は、利益減=減配となってしまうことが考えられます。配当性向が50%以下の銘柄がおすすめです。配当性向が低ければ、大幅な減益でない限り、配当の維持が見込めます。

・値動きが激しい株価は外す

今は高配当の銘柄でも、政策の影響、経済状況によって株価が下落することが考えられます。株価の値動きが大きい銘柄よりも、緩やかな方が安心株といえます。 配当利回りだけを重要視して投資するのはリスクがあることも覚えておきましょう。今の配当利回りだけに左右されないこと、一銘柄だけにせず、分散投資するのが安心です。

配当利回りとEPSの比較について

分散投資も安心ですが、配当利回りを見る場合、配当とEPS(1株当たりの純利益)について比較して見ておくことがいいようです。 というのも、EPSは企業の利益を表しています。配当金が企業利益の範囲内で出ているのかがわかります。 配当金とEPSの大きさを見比べてみましょう。
① 配当金<EPS 企業があげた利益からの配当 ② 配当金>EPS 企業の過去の利益余剰金から出ているかもしれない配当
となります。②の場合、企業の資産が流出している状態で、長く続くことは難しいです。株価は下落する可能性があります。 高配当利回りの銘柄の場合、その配当金が企業にとって妥当なものか、長期保有で配当が得られるかのリスクも考えなくてはいけません。

配当利回りと長期金利の関係について

金利はお金を貸し出す利子です。1年以上のものを「長期金利」といいます。経済状況や債券の相場などの影響を受けて動きます。国が発行する債券が国債で、安全性が高いとされています。これに比べてリスクがある資産運用が株式といえます。 長期金利の指標は一般的に「新発10年国債」の利回りによります。債券の価格が値上がりすれば、利回りは低下します。値下がりすれば上がり、これは国債の人気よって変化します。 投資家はリスクを避けて運用したいと判断すると、国債に人気が集まります。反対にリスクは少ないとなると、株式で運用する傾向が出て、国債は売られやすくなります。国債から株式、株式から国債へのシフトが起こります。 国債が売られやすくなると長期金利は上昇します。長金金利も配当利回りは、その銘柄や国債を買った場合、どの位の利率で投資額が増えるかを示すものです。どちらも深く関係しながら動いています。

株式の配当利回りと国債利回り(債券)の逆転現象について

国債の利回りは、株式の利回りよりも高いのが当たり前でした。でも、景気に不透明さなどが広がると、国債の利回りよりも、株式の配当利回りの方が上回る逆転現象が起こります。 最近ではリーマン・ショック後の欧州で、債務危機が深刻化し逆転現象が見られました。投資家は債券から株式へと資金をシフトし、株価上昇につながりました。 2016年に米国株式の配当利回りも、10年国債利回りを上回る状況となったことがあります。債権へのリスクを回避するために株式が多く売られたことから、株価は割安になりました。 このような逆転現象の場合、企業の業績に好材料や見通しの明るさがあれば、株価の上昇が期待されます。好材料が少なければ、持ち直しには時間がかかります。

配当利回りの高い株に投資する際のデメリットとは

高配当は一見良いように見えますが、配当利回りは年間の「配当予想金額」を「現在の株価」で割ったものです。過去の実績から予想して計算されますから、現在の業績が悪化したら、株価は下がります。 昨年度までは良い業績でも、大幅に業績が悪化して株価が下がっている場合、配当利回りが高く見えることがあります。高配当株に投資する場合、見せかけの高配当なのか、昨年度よりも今の実績はどうかを考えてデメリットにならないようしていきたいですね。 もうひとつ、企業によっては創業30周年などを記念して特別に配当金を多く出す「記念配当」を行う年度かもしれません。この年は高配当になることが多いです。翌年からは低くなることが考えられます。現在の業績がどうかを見ておくことが大切になります。

配当利回りが大きい大手企業の大型株は買うべきなのか?

配当利回りが高い銘柄は、大手企業が多いですよね。株の中でも時価総額が大きく、流動性も高い企業の株を「大型株」と言います。世界規模の企業が多く、時価総額が大きいので安定性があります。 とはいえ、大企業でも業績はどうか、高配当が続く業種であるかなど分析が必要です。国内では自動車会社の利回りが高いですね。三井物産などの商社株、銀行株、通信関係や医薬品なども利回りが高い業種で、安定配当が期待できます。 検討した業種から、配当利回りが3%を超える銘柄が良いというプロがいます。 大型株のデメリットは、値動きが小さいことで、多額の利益は期待薄なことがあげられます。業績悪化もわかりにくいですね。大型株は値動きが緩やかなので短期よりも、中長期の投資に向いています。

配当利回りの計算方法は?

冒頭でも少し紹介しましたが、配当利回りを求めるには計算式があります。
1株当たりの年間配当金÷株価
です。 例をあげて見てみましょう。
A社の株価10,000円で、配当金は200円だった場合、配当利回りは 200円÷10,000円=0.02 配当利回り2%となります。

TOPIXの配当利回り等の詳細

TOPIX(トピックス)は、東証株価指数(Tokyo Stock Price Index)の略称で、東証一部に上場している全銘柄を合計した時価総額を対象にした株価指数です。 TOPIXは国内の株全体の動きや傾向を見るのに有益で、一部の銘柄が動いても指数への影響は少ないといえます。 TOPIXは1968年1月4日の時価総額を100ポイントとして、単位をポイント制で表します。TOPIXは1つではなく、全7種類の銘柄区分があります。配当利回りは1.78%です。利回りはほかのTOPIXファンドと同じ水準になっています。 これに対して、日本経済新聞社が東証一部上場の企業から、独自に選んだ225銘柄を対象にした平均株価が「日経平均株価」です。 TOPIXの配当利回りが日次で更新されるサイトもありますから、見ておくのがいいですね。TOPIXで国内の株の動向を見る、日経平均株価で経済状況を見るというように役立てていきましょう。

日本好配当利回り株(投資信託)について

日本好配当利回り株(3か月決算型)という、国内銘柄による投資信託があります。東証一部で、予想配当利回りの高い銘柄を中心に投資します。 組み込まれている企業は伊藤忠商事、キャノン、日産自動車、三井住友ファナンシャルグループ、NETドコモなど。分配金利回り14.52%という高配当です。運用会社は三菱UFJ国債信託㈱で、分配金は3か月ごとに出されます。 好配当利回りファンドは、良好な銘柄が多いため、株式市場の値動きに比べて穏やかな傾向があり、リスクを抑えた投資ができるといえます。投資信託を検討している人は見ておきたい銘柄ですね。

野村日本株高配当70連動型上場投信(日本株高配当70ETF)の配当利回りについて

野村アセットマネジメントが出している国内銘柄から予想配当利回りが高い、70銘柄を選んで構成した指数が「野村日本株高配当70」です。愛称「日本株高配当70ETF」といいます。対象株価指数となる銘柄に投資していくファンドで、より大きな運用ができるように構成されています。 このため対象銘柄は配当継続性を重視しています。過去3年間に経常利益がマイナスになったことがあるもの、予想配当がゼロとなったものは除外しています。ルールに基づいて銘柄が選択され、配当の支払いも容易にするため決算期が3、6、9、12月に限っています。 配当利回りは3.12%です。高配当銘柄などが多いことから安心感があります。マイナス金利などの背景を受けて、投資家の配当への関心も高く、中長期に保有することに適しています。

しんきん好配当利回り株ファンドの配当利回りについて

しんきんアセットマネジメント投信の投資信託に「しんきん好配当利回り株ファンド」があります。予想配当利回りが各マーケットの平均以上と判断される株式や、今後も業績が良く配当が維持されると判断された好配当利回りに投資されています。 分配金利回りは3.69%。銘柄選びは、業務や財務の健全性、時価総額などが判断材料になっています。組み入れられている企業は、日本オラクル、LIXILグループ、量産、大東建託など。高配当の銘柄が多いことは、リスクを抑えた株式投資に期待ができそうです。

予想配当利回りがいい会社!おすすめ銘柄人気ランキング

予想配当利回りが高い会社から、人気の銘柄ランキングを見ていきましょう。予想配当利回りが高い株式は注目されています。安心感が高く人気です。上位5位は良く知られた企業ばかりですね。
順位 企業名 配当利回り 最低売買単位:株
1 キャノン 4.25% 100
2 三井物産 4.17% 100
3 東海東京 フィナンシャル・ホールディングス 3.98% 100
4 松井証券 3.91% 100
5 あおぞら銀行 3.89% 1000

配当利回りが安定している銘柄を狙いたい戦略におすすめ銘柄ランキング

高配当の銘柄にはリスクもあると紹介しましたが、業績がしっかりしていて、高配当を続ける銘柄ならぜひ、狙いたいですね。見ていきましょう。
順位 名称 配当利回り
1 京都きもの友禅 5.05%
2 クリップコーポ 4.90%
3 エスイー 4.33%
4 バッファロー 4.12%
5 黒田電気 4.09%
減配せずに高配当をしている企業です。業績の見通しが明るく、安定的に高配当を出せる銘柄かを参考にしています。

配当利回りと株主優待が魅力!おすすめ銘柄ランキング

配当利回りだけではなく、各企業での割引優待やクーポン券、プレゼントがある「株主優待」も注目です。配当利回りに加えて、株主優待の内容もお得な銘柄を見ていきましょう。 ベスト5を紹介します。利回り計算は、1株当たりの株主優待額+配当金を株価で割ったパーセントで表しています。
順位 名称 配当+株主優待利回り
1 TOKAIホールディングス 28.18%
2 GMOインターネット 15.27%
3 サンリオ 14.88%
4 ヴィア・ホールディングス 12.75%
5 ダイドーリミテッド 12.50%
上位ランキング銘柄の株主優待は、自製品の優待や割引券などです。1位のTOKAIホールディングスの株主優待は、水やQUOカードや選べる商品のほかに10月に格安スマホサービスも選べます。 2位のGMOインターネットの株主優待はGMOクリック証券で取引すると、売買手数料が無料になるキャッシュバックがあります。

NISAでおすすめの高配当利回り銘柄

2014年度から始まった株式投資に、便利な口座NISA(非課税投資枠)があります。NISAの口座で株取引した利益に税金がかからないもので、年間100万円までが非課税となります(5年間)。 NISAで買うべき銘柄は、違ってくるのでしょうか?NISAでおすすめの高配当利回りを見ていきましょう。100万円以下の銘柄を紹介します。
銘柄名 配当利回り 配当+株主優待利回り 最低投資金額
ヒラキ 3.15% 6.30% 6万円
アプライド 4.14% 5.52% 15万円
鉄人化計画 3.3% 5万円
ヤマトインターナショナル 3.64% 5.91% 4万円
人気の靴やアパレル、アミューズメント施設の運営などで、株主優待もありながら、高配当というのが魅力ですね。 NISAには税金がかからないので、株主優待が良い銘柄に固執するのはもったいないといえます。NISAでは高配当株を狙うのがおすすめです。株主優待にも税金はかかりません。優待も魅力あるものがいいですね。

マイナス金利で考えた配当利回りの良い銘柄選びのコツ

マイナス金利が続いています。株式投資は配当利回りから、良い銘柄を選ぶコツを知って、リスクを避けたいですね。銘柄選びには、利回りについて知っておく必要がありますよ。定期預金や国債の利回りはたとえ0.01%でも満期まで変わることなく0.01%が確定しています。配当利回りは違います。 配当利回りは当期の予想配当金から計算された割合なので、来期以降についての保証はありません。「3%だからいいなあ」と思っても変わることが予想されます。当期配当利回り3%でも、業績悪化で1%に下がったら、現在の数字には意味がなくなってしまいます。 配当利回りは「当期1株当たりの予想配当金」÷「現在の株価」の割合です。高配当利回りほど、将来の変動リスクは高くなることが考えられます。「変動するリスク」がある指標であることを理解しなくてはいけませんね。

配当利回りで割安・割高株を見分ける方法

配当利回りを見るということは、割安株を探すということにほかなりません。先ほども紹介しましたが、高配当の銘柄の投資には注意が必要でした。 配当利回りから「この銘柄は割安だ」と見分けるのはどうすればいいのでしょうか? ・株価が上がると配当利回りは下がる! ・株価が下がると配当利回りは上がる! という関係にあることを覚えておきましょう。 配当利回りが高い銘柄が割安株の目安となります。配当利回りが高すぎる銘柄は減配のリスクがあります。もちろん、安定した業種で経常利益が高いなど、ほかの要因がある場合、株価への影響は低いです。企業の業績や自己資本比率、ほかの指標を見ておくことも割高、割安株を見分ける方法となります。

配当利回りの注意点やリスク、メリット・デメリット

配当利回りを見ることで、割安株を見つけられるメリットがあります。でも、配当利回りは予想に基づく割合です。配当利回りが高配当であれば、なおさら減配のリスクがあります。 配当金の金額はあくまでも予想額という不確実なものであることもリスクですね。実際の配当金の支払いは、株主総会で決定されます。 配当利回りを重視して銘柄を選ぶ場合は、きちんとした水準で出された割合なのかを見ることが必要です。ネットで銘柄データから配当利回りを見ることができます。 そのスクリーニングツールなどのデータが遅れている、情報の反映がまだ、という場合は数字に惑わされてしまいます。選ぶ場合に注意が必要です。赤字が見込まれる場合、配当金が削られるデメリットも考えられます。

配当利回りにかかる税金について

株式投資には税金のことも考えておきたいですね。株式投資で得た利益には、源泉徴収税20.315%がかかります。配当金も「配当所得」とされ、原則として所得税と住民税がかかります。配当の支払いを受ける際、所得税や住民税が源泉徴収されるものもあります。 原則としては、その方のほかの所得(課税がかかるもの)と併せて総合課税されますが、配当所得は申告分離課税も申告できます。総合にするか分離にするかは、どちらかに統一して行います。 また、東日本大震災の復興のために、平成49年までは所得税の2.1%が「復興特別所得税」として課税され、配当金も課税対象となっています。

まとめ

配当利回りについて紹介しました。配当利回りから銘柄を探すことで、割安株が見つけられる指標になります。配当利回りの目安は4%以上と言われ、権利確定日に株を持っていることでもらえるものです。 さまざまな国内、海外の銘柄の配当利回りもチェックしてみました。おすすめの高配当利回りの銘柄も紹介しましたが、高配当利回りへの投資にはリスクもあります。 配当金の金額はあくまでも予想額という不確実なものです。配当利回りだけではなく、企業の業績や自己資本比率、ほかの指標も見ておくことが、良い銘柄を見抜くコツになります。]]>