お金を増やすためにはどうすれば?初心者でもわかるおすすめの資産運用と投資方法

人生に必要不可欠なお金。毎日毎日、私達はお金を稼ぐためにがんばっていますよね。ですが、お金を増やすのはとてもむずかしいことです。そこで今回は、お金の増やし方について様々な視点から解説していきます。

日常生活では中々学べないお金の増やし方ですが、基本的な方法を理解しておけば、少しづつでもお金を増やすことはできます。この記事を読んて、お金の増やし方を基本からしっかり身につけいきましょう。

この記事を書いた人
ファイナンシャルプランナー
児玉一希
プロフィール・所持資格 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が定めている、ファイナンシャルプランナー技能士の資格を有し、当サイトの監修活動を始め、相場情報のまとめやコラムを寄稿する活動なども行なっている。

目次

お金を増やすには

お金を増やすためには、お金を増やすための基本的な考え方をおさえておく必要があります。稼ぐ以外にもお金の増やし方はたくさんあるんです。まずはお金を増やす方法として、貯金・節約・投資について紹介していきましょう。

お金を増やすには:基本的な3つの方法

お金を増やすための手段は大きく分けると3つあります。その3つの方法とは「貯蓄」「節約」「投資」です。この3つを上手く組み合わせることによって、お金が効率的に貯まっていくようになります。

お金の増やし方がわかれば、あなたもお金が徐々に増えていくはずです。お金を増やすための3つの手段について以下では詳しく解説していきます。

お金を増やすには:貯蓄について

お金を増やそうと思ったら、まずは貯金するというのは誰もが考えることではないでしょうか。定期預金などを活用すれば、お金は徐々に増えていきます。

しかし、貯蓄しようと思っても、なかなかできない人も多いはずです。きちんと貯蓄をするためには、残ったお金を貯金に回すのではなく、最初から金額を決めて給料日などお金が入ってくるその日のうちに、別の口座に移してしまうことです。これによって、効率的に貯蓄を貯めていくことができます。

お金を増やすには:節約について

お金を増やすために節約をしているという人も多いハズ。節約をすれば、その分お金も貯まっていきます。

しかし、節約はなかなか続けられないという人も多いのではないでしょうか。節約が続かない理由は、生活の中で無理をしているからです。無理のない節約であれば、長く続けても苦になりません。

お金を増やすためには、一時的に節約するのではなく、長期的に節約を継続することが必要となります。せっかく1日100円ずつ節約して10日後に1,000円分の節約ができたとしても、10日後に1日で1,000円分の無駄遣いをしたのでは全く意味が無くなってしまいます。

だからこそ、節約は継続することが何よりも重要です。

お金を増やすには:投資について

お金を増やすためには投資をすることを考える人もいるかもしれません。投資をすれば、自分の労働によってではなく、時間によってお金が増えていきます。

たとえば、10,000円で年の利回り3%の商品に投資すれば、時間の経過ともに資産額は増え、1年後には10,300円となります。自分が働かなくてもお金を増やしていけることが投資の魅力です。

しかし、投資にはリスクがつきものです。そのため、10,000円投資したからといって、必ずしも資産額が増えるとは限りません。状況によっては、せっかく10,000円をかけて投資をしてもその投資の価値が0となってしまうこともあります。

リスクが高くなればなるほど、金利も高くなることが一般的なので、リスクの高い商品に投資をすれば大きなリターンも見込めますが、大きなリスクを抱えていることをきちんと認識し、それを管理することが重要です。

お金を増やす投資方法とは

以下ではお金を増やすための具体的な投資方法についてメリットとデメリットを紹介していきましょう。

お金を増やす投資方法1.株式投資

株式投資のメリットは、大きな利益を得られる可能性がある一方で、デメリットとして価格変動のリスクがあるということです。そのため、投資の価値が0となる可能性があります。

お金を増やす投資方法2.FX投資(外国為替取引)

FX投資のメリットは、信用取引によってかなり大きな利益を得られる可能性がある一方で、その分大きなリスクを負うことがデメリットです。場合によって、投資額以上の損失を被る可能性もあります。

お金を増やす投資方法3.投資信託

投資信託は、比較的利率が良い投資でありながら、リスクを分散できることがメリットです。一方で、価格変動のリスクがあり、常に利益を出すことはどんな投資でも難しいので、勝ち続けるのは困難である点がデメリットです。

お金を増やす投資方法4.ETF(上場投資信託)

上場投資信託は、投資信託の指標そのものが取引の対象となるので、その分流動性が高く、価格変動も大きくなるため、大きな利益を得られる可能性がある一方で、価格変動額が大きくなるため、その分リスクを伴うことがデメリットです。

お金を増やす投資方法5.不動産投資

不動産投資は投資のために多額の資金が必要となるというデメリットがありますが、一度投資すれば定期的に収入が得られるようになることがメリットです。ただし、必ずしも収入が得られるばかりではなく、投資額の回収までには時間がかかる可能性がある点に注意が必要です。

お金を増やす投資方法6.REIT(不動産投資信託)

REIT(不動産投資信託)では、動産の投資法人が投資家から集めた資金を、マンションやオフィスビル、商業施設など複数の賃貸不動産に投資していきます。そのため、少額の資金からでも不動産投資ができるのがメリットです。

ただし、投資した対象から必ずしも利益が出るわけではないため、投資額を回収できない可能性があるというデメリットがあります。

お金を増やす投資方法7.ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは、多額の資金を集めることができるというメリットがありますが、あくまでも人気によってお金が借りられるかどうかが決まるので、ビジネスモデルなどを練り込まないと、なかなか必要額のお金を借りられないというデメリットがあります。

お金を増やす投資方法8.金・プラチナ投資

プラチナ投資は、比較的安定した価値のあるプラチナに投資をするので、少しずつ着実にお金を増やすことができることがメリットです。しかし、一度投資した後、売却しにくいことがデメリットです。

お金を増やす投資方法9.外貨預金

外貨預金は、外貨の価格変動によって利益が得られる可能性がある一方で、通貨によってリスクの高低があるので、投資額を下回る資金しか回収できない可能性がある点がデメリットとなります。

お金を増やす投資方法10.個人向け国債

個人向け国債は着実にお金を増やすことができることがメリットです。リスクも低いため、少しずつでもお金を貯めたい人に向いています。しかし、大きく儲けることはできないというデメリットがあります。

お金を増やす投資方法11.個人向け社債

個人向け社債も、着実に金利によってお金を増やせる一方で、企業が倒産すると元本が回収できない可能性がある点がデメリットです。

お金を増やす投資方法12.iDeCo

iDeCoは、着実にお金を増やすことができる上に、税制上のメリットもあります。しかし、定年後でないと基本的に引き出すことができない貯金であるというデメリットもあります。

お金を増やす投資方法13.仮想通貨投資

仮想通貨投資は、価格変動のスピードが早く、変動額も大きいため、うまくいけば大きな利益を得られる可能性がある一方で、その分大きな損失を被る可能性がある点がデメリットです。

お金を増やすために活用したいツールとは

お金を増やすためには、どうやってお金を増やしたら良いのかについてきちんと学んでおく必要があります。

お金の増やし方を学んでおくことで、その知識を使ってお金を実際に増やすことに活用することができるようになります。

お金を増やす方法を勉強できる本とは

お金を増やす方法を勉強できるおすすめの本を紹介していきましょう。

最初に紹介するのが、『金持ち父さん 貧乏父さん』です。この本は、お金に対する考え方の違いが大きな違いを生むことを理解させてくれる本です。お金持ちとなる人のお金に対する考え方と貧乏な人のお金に対する考え方の何が違うのかが容易に理解できます。

コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす
田中 唯
KADOKAWA (2016-09-29)
売り上げランキング: 2,389

次に紹介するのが積立投資の本である『20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす』です。この本を読めば、投資の基礎が一通りわかります。若いうちから投資を始めることの重要さがよくわかる本です。

お金は寝かせて増やしなさい
水瀬ケンイチ
フォレスト出版 (2017-12-08)
売り上げランキング: 448

さらに紹介するのが、『お金は寝かせて増やしなさい』です。この本は投資信託を使ったお金の増やし方がよくわかるようになる本です。投資信託を活用するときのポイントがわかりやすくまとめられている本です。

最後に紹介するのが、『「数字」が読めると年収がアップするって本当ですか?』です。この本は、会計の基本的な考え方を理解することの重要性を説明した本です。会計はビジネスの言語と呼ばれるほど重要なものです。この
本を読めば、会計の重要性がよく理解できるようになります。

ネットでお金を増やすことができる方法とは

家に居ながらでもインターネットを活用すればお金は増やせる時代になりました。一般的にはこれは副業とも呼ばれています。インターネットでお金を増やす方法は様々ですが、最もポピュラーなのはクラウドソーシングです。

インターネットを使って仕事を探し、その仕事を請け負うことで報酬を得ます。報酬額は比較的少ないですが、空いた時間を有効に活用することでスキマ時間をお金に換えることができます。

その他にも、自分のいらないものについてインターネットを使って販売する方法もあります。フリーマーケットのインターネットバージョンと考えて間違いありません。また、自分がハンドメイドで作った商品を販売する方法もあります。

お金を増やすことができるゲームとは

お金を増やすことができるゲームもあります。ゲームをするだけでお金がもらえるなら楽だと思うかもしれません。しかし、報酬額は極めて少ないので注意が必要です。

お小遣い程度しか稼げませんが、それでもいつでもどこでも気軽にできるというメリットがあります。スマホゲームなどで広告を見ることで報酬がもらたり、サイト内のバナーをクリックすることで報酬が得られます。

実践!お金を増やす方法まとめ

以下では、お金を増やすための実践の仕方について紹介していきます。

実践!お金を増やす方法:初心者におすすめのリスクが低い方法

投資初心者の場合には、まずはリスクが低い方法でお金を増やしていくことが大切です。投資の世界では大きく一気に儲けるのはなく、小さく儲け続けること、そして、投資で勝とうとするのではなく、損をしないようにすることが重要です。

そのため、投資初心者がいきなりリスクの高い投資対象に投資をしてしまうと一気に大切な資産が目減りしてしまう危険性があります。投資初心者であれば、まずは定期預金で着実にお金を増やしていくのがおすすめです。

しかし、定期預金は現在ではあまり利益を出すことはできません。そのため、投資初心者は節約したり投資をしたりするよりも、収入を増やしてその分を貯金に回すことが重要となります。

収入を増やすためには、副業などとしてアフィリエイトをしたり、クラウドソーシングを活用すると良いでしょう。節約するよりも、稼ぐお金を増やす方が時間がかからない場合が多いので、初心者はまずは収入を増やす努力をしてみましょう。

実践!お金を増やす方法:年代別のおすすめ

年代別にお金を増やす方法を考える場合には、20代のうちはまだ投資や貯金に回せるお金が少ないことから、できるだけ収入を増やす努力をするのが妥当です。収入を増やすためには、会社での給料を上げることを考えるのではなく、収入先を増やすように努力します。

収入先を増やすためには、クラウドソーシングやアフィリエイトなどを利用すると良いでしょう。仕事以外の時間をうまく活用することがポイントとなります。

30代となると、結婚したり、家を買ったり、車を買ったりと支出が多くなります。その坂でも、お金を増やすためには、きちんとお金に出入りを管理することです。お金の出入りを管理するためには帳簿をつけることが重要となりますが、その他にも、きちんと資金計画を立ててお金を使うようにする必要があります。

つまり、節約が重要な時期です。資金計画をきちんと立ててから出ないと、投資をしてもあまり意味がありません。

そのため、30代はきちんと資金計画を立て、資金計画通りにお金を使えるようになること、そしてそのお金を使ってリスクの少ない投資先に投資をしていくことがおすすめです。

40代となると、比較的お金にも余裕が出てきます。そのため、投資に振り向けられるお金も増えてくる時期です。40代は株式投資など、比較的資金力がなければ投資ができない投資対象に投資をするようにします。

それによって大きな利益が見込めるからです。これが成功すれば老後資金を潤沢に貯めることができます。40代は自分で稼ぐよりも、お金自体に働いてもらってお金を稼ぐ時期です。つまり、金利で稼げるようにするのが重要となります。

50代以降は、節約するよりも投資を中心にしてお金を増やしていきます。投資は資金力が大きい方が有利となるので、50代になるまでにできるだけ資金力を高めていくようにします。その資金を使って、様々な投資先に分散してリスクを回避しながら、お金を増やしていくのがポイントです。

実践!お金を増やす方法:長期投資におすすめ

お金を増やすためには、長期的に考えることが重要です。短期間で儲けようとするとどうしても大きなリスクを抱えざるを得ません。長期間にわたって少しづつでも着実に儲け続けることが非常に重要となります。短期投資よりも長期投資がお金を増やすための王道です。

長期投資をする場合には、投資信託などのようにきちんと分散投資を行うことが重要です。分散投資を行うことによって、リスクをきちんと低減しなければなりません。それによって、長期間の投資でも着実に利益をあげられるようになります。

お金を増やすために知っておきたい関連用語とは

以下では、お金を増やしたいなら是非とも知っておきたい概念について説明していきます。

お金を増やすの関連用語①「複利運用」

複利運用とは、投資で得た利益をさらに投資にまわすという資産運用の方法を言います。10%の利回りがある投資先に1,000,000円投資をすると、1年後には1,100,000円となります。

単利の場合、2年後には120万円となりますが、複利の場合、2年後には121万円となります。こうして、複利運用を続ける場合、時間が経過すればするほど加速度的にお金は増えていきます。

お金を増やすの関連用語②「利回り」

利回りとは、どれくらいの金利が得られるかを意味する言葉です。10%利回りという場合、投資額の10%が金利として得られることを意味します。

お金を増やすの関連用語②「売却益(キャピタルゲイン)」

「売却益(キャピタルゲイン)」とは、株式などを売却したときに得られる利益を言います。

お金を増やすの関連用語③「配当金(インカムゲイン)」

「配当金(インカムゲイン)」とは、株式の配当によって得られる利益を言います。

お金を増やすの関連用語④「ロボアドバイザー」

ロボアドバイザーとは、資産運用のアドバイスや補助をしてくれるサービスのことを言います。各証券会社で特色あるロボアドバイザーが運用されています。最近ではAIがロボアドバイザーをしてくれるサービスも登場しています。

ロボアドバイザーを使えば、自分に合った投資信託の診断や、運用プランの提案、自動での資産運用が可能となります。

まとめ

お金を増やすためには、まずはきちんとお金の増やし方を学んでおく必要があります。お金の増やし方を知らずに、効率的にお金を増やすことはできません。

お金を増やすためには、大きくわけて貯金・節約・投資といった方法がありますが、それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合った方法で組み合わせることが重要となります。

お金の増やし方を学ぼうと思ったら、きちんと信頼できる本を読んで学習を進めましょう。お金の増やし方を学ぶことなく、お金を効率的に増やすことはできません。

若いうちからきちんとお金の増やし方を学んでおけば、将来的に大きな利益を獲得できるようになるので、今からきちんとお金の増やし方について勉強しておくようにしましょう。