新しい投資の種類を完全ガイド!初心者でも手軽な新しい投資対象や投資先

インターネットをはじめとしてさまざまな技術が発展している現代、「投資」においても新しい種類のものが続々と生まれているのはご存知でしょうか?

それには人工知能やプログラムの力を借りることで、投資の知識がない方でも簡単に資産運用できたり、いつの間にか貯まっているポイントやおつりで投資を行えるものまで。こうしたサービスを知らずにいると、せっかくの資産を増やせる機会を逃してしまうことでしょう。

そこで今回は、「新しい投資」について徹底解説してまいります。併せて投資を始める前の注意点も説明いたしますので、投資に不安がある方でも安心。

最新の技術を使った新しい投資を活用すれば、難しいと思っていた資産運用がとても簡単にできることに、きっと驚かれるはずですよ。

この記事を書いた人
株式会社ジャパンインベストメントスクール 株式投資コンサルタント ファイナンシャルプランナー
児玉一希
プロフィール・所持資格 日本最大級の投資スクール・メールマガジン「ジャパンインベストメントスクール」に所属。毎朝10万人以上に向けて、相場情報を届ける。

代表的な投資の種類

新しい投資について知る前に、まずは従来の投資についても知っておくとより理解が深まるはず。ここでは長い間行われている、代表的な投資の種類について一通り確認してみましょう。

株式

上場企業が発行する「株式」の売買や、定期的に支給される配当金で利益を得る投資です。

目標利率や生活に応じて投資スタイルを選ぶことができ、短期売買をする場合はハイリスク・ハイリターン、長期保有をする場合はローリスク・ローリターンとなる傾向にあります。

債券

国や企業が発行する「債券」を購入する投資です。

「債券」とは、言わば”お金を貸した証明書”のことであり、決まった期間所有していると利子がついて還ってくるようになっています。

長期投資が基本であり、ローリスク・ローリターンの傾向にあります。

投資信託

投資の専門家である、”ファンドマネージャー”にトレードを委託する投資です。難しいトレードをプロに任せられ、自分で行う必要がないので「投資信託」は初心者にも人気。

こちらも長期投資が基本で、ローリスク・ローリターンの傾向にあります。

不動産

アパートやマンションなどの「不動産」を購入し、賃料収入を得る投資です。

他の投資に比べても初期費用は高いですが、長期で安定した利益を得られるのがメリット。ローリスクの割に、リターンは大き目の傾向にあります。

FX

”ドル”や”ユーロ”など外国の為替を利用し、売買を通じ利益を得る投資です。

「FX」の大きな特徴として、預けたお金を元により大きな資金を動かす”レバレッジ”が最大25倍までかけられることがあります。そのため、少ない元手でも大きなリターンが狙える傾向に。

しかしその分、失敗したときのリスクも大きいので注意が必要です。

純金

”純金”を買う投資で、一般的に「金投資」と呼ばれます。「金投資」の特徴としては、何と言っても戦争や災害などの有事に強いところ。

こうした有事の際には国や社会が機能しなくなることがあり、通貨や株式の価値が下がる分、物質自体に確固たる価値のある”純金”に大きな需要が集まります。

そのため、リスク時に売れる資産として長期保有するのが基本。ローリスクの割に、状況によってはハイリターンを狙うことも可能な投資です。

初心者でも始めやすい新しい投資の種類

それでは、ロボットやプログラムなど、現代の技術を利用して生まれた新しい投資の種類をご紹介いたします。

初心者に始めやすいものを中心に選んでみましたので、是非とも参考にしてみてください。

自動で資産運用してくれるロボアドバイザー

まずは、膨大なデータの蓄積やAI技術の発展により生まれた「ロボアドバイザー」についてご紹介いたします。

投資の知識がなくても資産運用しやすい

「ロボアドバイザー」とは、資産運用アルゴリズムにより資産を自動で運用し、長期でコツコツとお金を積み立てて増やしていく投資方法。

その名の通り、資産運用をロボット(人工知能)に任せることができるため、投資の知識がなくても気軽に始めることが出来ます。

ここで、「ロボアドバイザー」には大きく分けて2つのタイプがあるので覚えておきましょう。

①「投資一任型」

資産運用において、必要な作業のすべてを代行してくれるロボアドバイザー。投資銘柄の買付から資産配分、その後のメンテナンスに至るまで人工知能が代行してくれるため、任せきりで資産運用を行うことができます。

ただし、自分でも少しずつ投資についての知識をつけていくのは怠らないようにしましょう。

②「アドバイザー型」

資産運用の提案をしてくれるロボアドバイザー。膨大な数のある投資商品の中から、自分に合ったものを見つけるのは大変ですよね。そこでロボアドバイザーの力を借りることで、スムーズに適した投資商品を見つけることができます。

投資知識が乏しい初心者でも、これを利用すれば安全に投資を始められますよ。

少額で始められコストも安い

「ロボアドバイザー」と聞くとなんだかハイテクなイメージがあり、利用料も高いのではないかと感じるかもしれません。

ですが実は、ロボットが自動で運用するため人件費がかからず、他の投資に比べても低コストでのサービス提供が実現されています。その最低投資額は1~10万円ほどで、中には100円や1,000円からできるものも。

それだけでなく、ロボアドバイザーは運用開始後も定期的に資産構成を見直して調整をおこなってくれる、至れり尽くせりのサービスとなっていますよ。

買い物のおつりで投資をするおつり投資

投資のために、コツコツと定期的にお金を積み立てるのが大変に感じる方もいらっしゃるかもしれません。そこでおすすめなのが、買い物のついでにおつりで投資ができる「おつり投資」。

仕組みとしては、おつり投資に登録したクレジットカードなどで買い物をすると、データにおつりが自動計算されます。そこから月1回おつりの合計額が、登録銀行口座から引き落とされて自動で資産運用に回るようになっているのですね。

始めるためには、おつり投資に提携している家計簿アプリとの連携やクレジットカード、電子マネーの登録が必要ですが、それさえ行ってしまえば自分でも気付かないうちに、どんどん投資が進んでいることでしょう。

ポイントで資産運用するポイント投資

各企業が、サービスの利用者に対して還元しているポイントで資産運用をするサービスが「ポイント投資」です。お金の代わりにポイントを元手にできるため、投資に少し抵抗がある方でもはじめやすいのではないでしょうか。

ポイント投資のタイプには2つあります。

①現金運用(金融商品を購入する)

ポイントを現金化して運用。そのため運用成果により現金の増減があり、通常の投資に近い。

②ポイント運用(擬似投資)

ポイントのままで擬似的に投資。この場合、運用成果によりポイントの増減がある。大きく資産を増やすことはできないが、リスクが少なくすぐに始められるのがメリット。

投資が初めての方であれば、まずは擬似的な投資である②のポイント運用から始めてみると良いかもしれませんね。

テーマで選んで投資するテーマ投資

個別の企業の株を買うのではなく、好きな”テーマ”を選んで投資するサービスが「テーマ投資」。テーマの例としては、”VR”や”ペット”、”人工知能”、”ドローン”に”京都”などとバラエティ豊か。

このようにさまざまなテーマの中から自分の興味があるものを選べるため、楽しく投資が行えるのがテーマ投資の魅力です。

また各テーマの具体的な銘柄については運用会社が選定してくれているため、選ぶ手間が省け、初心者でも取引を始めやすいのが特徴。

自動運用の「おまかせ投資」もあり、自分に合った最適な運用プランを提案、運用してくれますよ。

従来の投資に代わるオルタナティブ投資

「オルタナティブ投資」のオルタナティブは、”代替の、代わりの”という意味で、別名「代替投資」とも呼ばれます。

その名の通り、既存の投資対象である株式や債券の代わりに、「コモディティ(商品)」や「再生ファンド」、「ベンチャーキャピタル」、「ヘッジファンド」などに投資するのがオルタナティブ投資の特徴。

こうした投資対象は市場の動きに左右されづらく、長期投資を基本に低リスクで資産運用が可能となっています。ただし、投資参加者が少ないことから流動性が低く、少し換金性が悪い点もあるので注意しましょう。

自動で取引をおこなうFX自動売買

「FX自動売買」とは、投資のプロが作ったプログラムを利用して、自動でFX取引を行い利益を上げる投資のこと。プログラムに任せるため誰でも簡単にFX取引を行うことができ、初心者はもちろんのこと上級者まで利用しています。

ここで使う自動売買プログラムについては、FX会社によって様々なタイプが用意されているので、その中から選ぶことが可能。

それだけでなく、企業やトレーダーが開発したプログラムを利用することもできますが、中には詐欺まがいの商品もあるので気を付けてください。

この投資方法では基本的にプログラムに任せることができますが、重要なその「プログラム選び」については自分で決める必要があるため、良し悪しを判断できるだけの知識は持っておきたいところです。

投資を始める前の準備と注意点

AIやプログラムの力を使った新しい投資を行うにしても、本質的な部分は従来の投資と同じ。なので投資を始める前には、しっかりと準備と注意点を確認しておきましょう。

専用の口座が必要

どの種類のものを選ぶとしても、投資を始めるにはそれぞれの専用サイトで口座を開設する必要があります。しかしわざわざ支店などに足を運ぶ必要は無く、ネット環境があれば家に居ながらにして無料で口座が開設できてしまいますよ。

口座開設の一般的な流れとしては、

①開設したい口座を選ぶ

②住所、職業など申込フォームに必要事項を入力

③身分証明書、マイナンバー書類を画像でアップロード

④口座番号やパスワードなど書類一式が自宅へ郵送され、口座開設完了

となります。

大抵、15分程度あれば手続きは終わらせられ、非常に簡単に開設できるようになっています。

目的に合わせて投資する商品を決める

投資で自分が何を「目的」とするかが明確になると、投資する商品を見つけやすくなります。しかし、人それぞれの環境や生活によって目的は異なるもの。

なのでまずは、「どのくらいの期間で」「いくら貯めたいのか」など、自分の投資に対するスタンスを明確にして目的をはっきりさせましょう。

その上で、目的に合った投資商品を決めると地に足のついた資産運用ができるようになりますよ。

余剰資金があっても少額でおこなう

投資資金に回せる資金が多くあるという方もいらっしゃると思われますが、いきなりそのお金を全て投資に注ぎ込むのは絶対にNGです。

始めたばかりで、投資の仕組みを理解していない初心者のうちは予想だにしない様々なリスクがあるもので、思わぬ損失を被ることもしばしば。なのでいきなり大金ではじめてしまうと、あっという間にお金が無くなってしまうかもしれません。

そこで、初めのうちは少額で始めて経験を積むようにしましょう。そうして徐々に慣れてきてから、少しずつ資金を増やしていくとスムーズに上達することができますよ。

自分のルールを決めて守る

投資を行う際は、「投資資金をいくらにするか」や「売買のタイミングはいつか」など、自分なりのルールを決めるとリスクを抑えることができます。

決める際には、上で述べた投資の目的や現在の生活スタイル、自分の性格など色々な要素を考慮すると適切なルールとなるはず。

また、ルールを決めることでトレードの際も感情的にならず、「ルールだから」と割り切れるようになるので、メンタル面においても大きなメリットがあります。

リターンよりもリスクを重視

投資というと、どうしても利益を増やす「リターン」にばかり目が行きがち。ですが、たとえ利益を積み重ねていたとしても、相場の世界では予想外の事態が起こることで一気に資産を失う場合もあります。

”リターンが大きい=リスクが大きい”というのが投資の基本なのですね。

そのため投資商品を選ぶ際はとにかく「リスク管理」を第一に考え、決して利回り重視で選ばないようにしましょう。

リスクを抑えた投資でも、じっくり長期的に行っていけば十分に資産を増やしていくことが出来ますよ。

ギャンブル感覚で投資をしない

投資に失敗する人の特徴として、必ず挙げられるのが「投資をギャンブルと捉えている」点。十分に考慮をしないままトレードを始めてしまい、損失を取り戻そうとさらに資金を投入したりと、感情的な行動をとってしまうことで悪循環となってしまうのですね。

投資で成功するために大切なのは、事前にしっかりと戦略を立てることです。過去のデータや情報を集め、綿密な分析をすることで有利に取引を進められるようにしましょう。

まとめ

今回は、技術が発展した現代ならではの新しい投資について解説いたしました。

ロボットやプログラム、企業のポイントを使った投資など、新しく出来た投資にはさまざまなものが登場しているのですね。

ですが、たとえ最新の技術を利用したとしても投資の本質的な部分は変わりませんので、しっかり準備やリスク管理をすることも忘れずに。

自分に合った投資方法を見つけ、賢く資産運用をしていきましょう!