株式投資がうまくいかない理由とは?投資は難しいと思った時に確認する5つのこと

「株式投資を始めてから数年経っても資産が増えない!」

「株式投資で成功するためのコツが知りたい!」

あなたはこのような悩みを持ち続けてはいませんか?

株式投資をすれば簡単に資産が増えると思ったけれど、資産は増えるどころか減っている、と悩んでいる方は多いように見受けられます。

株式投資がうまくいかない背景に、5つの原因があると言われています。それらの原因と投資で成功するために必要な対策をしっかりと身につければ、株式投資で資産を増やすことが可能になります。

この記事を読んで「資産を増やせる投資を始めてみようかな」と思っていただけたら幸いです。

この記事を書いた人
株式会社ジャパンインベストメントスクール 株式投資コンサルタント ファイナンシャルプランナー
児玉一希
プロフィール・所持資格 日本最大級の投資スクール・メールマガジン「ジャパンインベストメントスクール」に所属。毎朝10万人以上に向けて、相場情報を届ける。

投資でうまくいかない人の割合

自分だけが株式投資がうまくいっていないと思う方がいらっしゃるようですが、株でもFXでも約9割の人はうまくいっていないと言われています。

株式投資で実際に利益を上げている人は全体の1割程度だけ。投資家たちは、日々資産を増やす方法をトライアンドエラーしながら見つける努力をしているのです。

ですので、「投資がうまくいかない!」と悩むだけではなく、うまくいかない原因と対策方法をしっかりと身につける必要があります。早速ですが、投資がうまくいかない原因を5つ見ていきましょう!

投資はうまくいかないとされる5つの原因

何事も「うまくいかないな」と感じる時は何かしらの原因があることが多いですよね。これは株式投資でも同じことが言えます。

まずは株式投資がうまくいかない原因を理解するところから始めましょう!

損失を恐れて被害が拡大している

株式投資がうまくいかない時の代表的な原因は、

「損失を確定するのが怖くて、いつまでもマイナスの投資商品を抱えている」

が挙げられます。

損失が大きくなれば、売るに売れなくなってしまう状況となります。しかし、せっかく買った株だから「もったいない」と考える気持ちも分かります。なぜなら、多くの人間は何かを得ることよりも、それを失うことに対する拒否感がより強く働く生き物だからです。

微妙な利益に満足できず、欲をかいてしまった結果、自分で利益を小さくしてしまったことはありませんか?損失のタイミングを逃せば、損失が今より大きくなる可能性があることを覚えておくとよいでしょう。

希望的な観測だけで投資をしている

次に考えられる原因が、株価などが下がった時「いつか持ち直すだろう」と期待をもって追加投資をしている場合です。

「今回も大丈夫!前回同様持ち直すはず…」

この原因は、これまで株価が持ち直した経験がある方に多く見られます。株式投資にはお金だけではなく、時間や労力も注ぎ込む必要があります。

また、「株式投資に失敗してしまった」ことを認めることができない場合もあるでしょう。ですが、このまま何もせずに放置していると、株価がどんどん下がり続けて損失が拡大してしまうかもしれません。

安全、安定した株式投資を求めるがゆえに、「できるだけ損失を出さないように」気をつけていること自体が損失をより大きくしてしまうのが「株式投資」なのです。安定ばかりを求めていては、正確な判断ができない場合もあることを覚えておくとよいでしょう。

情報を鵜呑みにして自分で判断をしていない

投資スクール 学び

「株式投資を成功させたい!」という思いは誰にでもあります。

あなたが株式投資を始めた理由は何でしたか?

もし「株式投資の専門家やSNSなどが推奨していたから」という理由だけで投資をしているのであれば、それは非常に危険な状況です。

彼らが「なぜその情報を薦めているのか」の理由を考えずに、そのまま鵜呑みにして投資を続けていけば、大きな問題がいつか発生するかもしれません。あなたが株式投資で失敗した場合、誰がその責任を取るのでしょうか?

そうです、「あなた」が責任を負うことになります。自分で判断する力も、株式投資の成功の鍵を握っていると言っても過言ではありません。情報を鵜呑みにするのはやめて、自分で判断して取引を進めていきましょう!

リスクを分散しないで投資をしている

投資スクール 勉強

資産の大半をひとつの金融商品に投資している場合、突然問題が起きた時に対処できなくなる可能性があります。これでは株式投資を行なっている意味がありませんよね。い利回りばかり気にして、リスクを気にしていない方は要注意です。

そこで必要となるのが分散投資です。分散投資とは、値動きの異なる複数の投資や通貨に「同時に」投資することでリスクを抑える有効な方法です。

効率よく資産を増やしていくために、通貨や種類(株式や債券など)を分散し、優良銘柄を選ぶ目を養う必要があります。

古い考え方で投資をしている

最後に、過去に上手くいったルールをそのまま続けていることが原因で、株式投資がうまくいっていないケースもあります。

「あの時もピンチだったけれど、結果的にうまくいった!」ということもありますが、あくまでもそれは過去の話(自分の成功体験)であり、それが現在も通用するとは限りません。これでは株式投資で資産を増やすどころか、自分から損失拡大のチャンスを作っているとも言えます。

株式投資がうまくいっていないと感じる方は、今までのルールを現在の取引で使用していないか確認してみてくださいね。

投資で成功するための5つの対策

株式投資がうまくいかない原因が分かれば、対処方法も見つかります。

目標を決めて投資をする

年間の運用利回りで目標を決めると、利益を逃したり市場環境で達成が無理な場合も考えられます。そのため、市場平均と比べながら目標を決めるようにしましょう。

年間にどれだけ利益を上げることができるのか、これは全て「その年の相場環境」によって変わります。「年間20%の利益」などの目標を設定した場合、「何が何でも儲けるぞ!」と考えてしまいますよね。

この場合、目標達成だけのために無理をしてしまい、その結果大きな失敗をしてしまう状況に陥ることが想定できます。

もうすでにご存知の通り、株価がどこまで上昇するのかは誰も予測できません。そのため、「年間O%の利益」など利益目標は設定しないことをおすすめします。

メンタルを鍛えて合理的な投資

次に、実践していただきたいことは「メンタル」を鍛えることです。

メンタルとは「精神的な」という意味。「感情のコントロール」は株式投資ではとても重要だと言われています。なぜなら、株式投資は精神的な強さが成功を左右するからです。

メンタルを鍛えれば、迷わず損失を確定できるようになり、損失を拡大させるリスクを低くすることが可能になります。感情の赴くままに投資をすることはNGです。急に損失が出そうでも、明確な理由がない限りは慌てて損失を確定しないでくださいね。

株式投資で勝つためには、株の分析能力や決断・判断力も必要ですが、やはり落ち込んでも這い上がる精神力や自分の信念を貫き通す精神力も必要となりますので覚えておくとよいでしょう。

許容できる範囲でリスクの分散

順調に資産を増やしたいのであれば、分散投資をする必要があります。分散投資とは、資産運用に伴うリスクを最小限に抑えるために、投資資金を複数の銘柄や金融商品に分散させることを意味します。

例えば、国内の株式と海外の株式を組み合わせて運用したり、投資信託へ投資したり、不動産投資やFXなど様々な方法で資産を運用する方法です。

取り扱う商品の種類や地域を分散することで、株式取引の失敗リスクを抑えることが可能になります。許容できるリスクでポートフォリオを組むとよいでしょう。

自分で判断できるように投資の勉強

「株式投資を始めるぞ!」と決めた時のことを思い出してみてください。たくさん投資の勉強をしませんでしたか?株式投資を何度か経験すると、人間ですので少し浮足が立つこともありますよね。

投資が運任せのギャンブルにならないように、この機会に自分の投資ルールをしっかりと見直しましょう。自分で判断するためにも「古いルール」に縛られないように気をつけることが大切です。

株式投資はギャンブルではありません。株に関する知識をさらに深めていきながら、自分が実践できる成功パターンを見つけましょう!

少額でいいから実践を積む

いくらメンタルを鍛えたり、株の勉強をしても、自分のお金を使って投資をしなければ理想とは違う行動を取ってしまうでしょう。

株式投資で資産を少しずつでも増やしたいのであれば、少額で構いませんので株式投資をどんどん実践することをおすすめします。その際、PDCAを回して儲けを増やしていくことも忘れないでくださいね。

PDCAの意味はこちらです。

  1. Plan(計画) : 投資の目的、目的にあった投資スタンスと目標を設定する
  2. Do(実行):   実際に投資する
  3. Check(確認):投資結果について考え、成功・失敗要因を分析し、原因と対策をまとめる
  4. Action(修正・実行): 分析した成功・失敗要因を活かすため、再度取引する

これら4つのサイクルを上手く分析することで、今後の株式投資に対する意識も変わることでしょう。

もしかしたら失敗することもあるかもしれません。しかし、その時は「やっぱりダメだった」と嘆くのではなく、「何がダメだったのか」原因を分析し、次のアクションに移しましょう。

いろいろなことを試していけば、いつかきっとあなたにピッタリな成功パターンを見つけることができるはずです。

合理的な投資の方法

株式投資がうまくいかない原因と対策方法が分かりましたね!

最後に、合理的な投資の方法を2つ紹介します。

投資にロボアドバイザーを使う

合理的に株式投資をしたい!という方におすすめなのが「ロボアドバイザー」です。ロボアドバイザーとは、ネット上で投資診断や投資アドバイスをしたり、運用(売買や最適化等)の代行サービスのことです。

条件をあらかじめ決めておけば、あなたの代わりにロボアドバイザーが機械的に取引をしてくれます。少額から始めることが可能で、投資信託と違いコストもかかりません。

現段階では「ウェルスナビ(WealthNavi)」が投資一任型ロボアドバイザーの最大手です。

iDeCoなど税制で有利な投資をする

次におすすめなのが、iDeCoなどの税制で投資をすることです。こちらも事前に運用方法を決めてしまえば、運用まで代行してくれるサービスです。たとえ運用で思うように利益がでなくても、節税効果が高いため手元にお金が残りやすい投資方法です。

資産がうまく増えていない方は、一度iDeCo等の投資を検討することをおすすめいたします。

うまくいかない投資は変えられる

何事もうまくいかないときは「原因」があります。株式投資がうまくいかない原因が分かれば、その原因に合った解決策が見つかるはずです。

「株式投資で資産が増えないな」と感じる方は、まずは株式投資における損失の拡大を防ぐため「うまくいかない原因」を探りましょう!

うまくいかない投資は変えられます。株式投資を楽しく続けていくために、この機会に今後の株式投資について考えてみてはいかがでしょうか?