SMBC日興証券の評判って実際どう?リアルすぎるの利用者の口コミとメリット・デメリット

株の取引を行うための準備段階として、証券会社に口座開設手続きを済ませておく必要がありますが、どの証券会社を選んだら良いか迷いますよね。

インターネットの証券会社人気ランキングを確認してみると、SMBC日興証券が上位に入っていますが、口コミの評判は肯定的な内容と否定的な内容が混在しています。

そこで今回は、実際にインターネット上の口コミで寄せられているSMBC日興証券の評判と特徴について詳しく紹介します。

SMBC日興証券への口座開設手続きを検討している方はぜひ参考にして、口座を作るべきか他の証券会社も検討するべきなのかをご決断ください。

この記事を書いた人
ファイナンシャルプランナー
児玉一希
プロフィール・所持資格 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が定めている、ファイナンシャルプランナー技能士の資格を有し、当サイトの監修活動を始め、相場情報のまとめやコラムを寄稿する活動なども行なっている。

SMBC日興証券とは

まずはSMBC日興証券とはどのような証券会社なのかを確認してみましょう。

三井住友フィナンシャルグループの系列会社

SMBC日興証券は、SMBCグループ(三井住友フィナンシャルグループ)に属する証券会社です。

1918年(大正7年)に「川島屋商店」として設立された現物株を取り扱う個人商店が始まりで、吸収や合併を繰り返しながら規模が大きくなりました。

1948年には証券取引法に基づいて証券業者として正式に登録され、戦後も発展を遂げながら2009年にSMBCグループの一員となって、2011年に現在のSMBC日興証券株式会社へと社名を変更しています。

2019年現在では日本国内に144店舗の営業拠点があり、海外にもネットワークが広がっており、日本を代表する大手証券会社の一つとして発展を続けています。

SMBC日興証券の取り扱い金融商品

SMBC日興証券ではお客様のニーズに応じて対応できる、さまざまな金融商品を取り扱っています。

株式だけでも国内株式、IPO(新規公開株式)、外国株式、ETF、ETN、REIT、CB、信用取引など豊富な商品群を取り扱っています。

他にも債券や投資信託、年金、保険、投信積み立て、日興ファンドラップ、証券担保ローン、iDeCo(個人型確定拠出年金)、NISAなどの商品がラインナップされており、いずれも質の高い金融商品としてお客様から支持されています

SMBC日興証券の肯定的な評判

SMBC日興証券の口コミから、肯定的な内容の評判をピックアップしてみました。

信用取引での手数料の安さが魅力

SMBC日興証券の口コミで多く見られるのは、信用取引における手数料の安さについてです。

お取引コースは各支店の担当者からアドバイスをもらいながら取引できる「総合コース」と、インターネットを利用してお客様が取引を行う「ダイレクトコース」の2種類から選べます。

ダイレクトコースの株式取引については格安に設定されていますが、信用取引については約定代金や建玉残高、期間に関わらずいつでも手数料無料でお取引いただけます。

取引回数が多いほど手数料の安さは大きなメリットになるため、ユーザーからも高く評価されています。

丁寧なサポートがある

SMBC日興証券の肯定的な評判の中で目立つのは、サポート体制に関する内容です。

投資に関するさまざまな情報を積極的に発信しており、セミナーなど投資に関する勉強の機会も多く用意されています。

お客様窓口はオンライントレード、コンタクトセンター、各支店の3つが用意されており、お客様のニーズに応じてサポートできるようになっています。

特に投資初心者にとっては何から手をつけてよいのかわからず戸惑う場面も多いと思いますが、サポート窓口に問い合わせをしたところすぐに解決してくれて助かったとの声や、どの時間帯でもコールセンターにつながりやすいなどの声があります。

初心者でもIPOに挑戦しやすい

SMBC日興証券は大手の証券会社なので、IPO(新規公開株)の取り扱い件数が多いことも高く評価される理由の一つになっています。

口コミのなかでもIPOに申し込みをしたら当選できた、取り扱い数が多いのでチャレンジしやすいなどの声が見受けられます。

IPOの抽選は10%をめどに同率抽選が行われており、どなたでも平等に当選できるチャンスが用意されているのが大きな魅力となっています。

SMBC証券の否定的な評判

SMBC日興証券に関する口コミから否定的な評判についてピックアップしたので確認してみましょう。

トレード方法によって手数料で不利

SMBC日興証券の肯定的な評判では「ダイレクトコースの信用取引は手数料無料なのが良い」となっていましたが、担当者に相談しながら取引を行う総合コースについては他社と比べると少し高めになる点が指摘されています。

総合コースでもオンライントレードと支店での取引によっても手数料が異なり、最も割高になるのは支店でのお取引となります。

このように、トレード方法によって手数料に差が生じるため、お客様のニーズによっては手数料がかさんでしまう点に注意が必要になります。

担当によって対応の差が激しい

まだ株取引に慣れていない方は、投資のプロとして豊富な知識や経験を積んでいる担当者に相談しながら取引を行いたいと考える方も多く、しっかりサポートしてくれる体制が整っている点については高く評価されていますが、担当者によって対応の差が激しい点が指摘されています。

まだ経験が浅く、お客様に対して適切なアドバイスができない担当者がついてしまうと、ニーズに合ったサービスを紹介してくれない、わからないことを聞いても的確な答えが返ってこないなどの不満を感じたとの意見もあります。

また、「営業ノルマがあるの?」と思うほど、押し売りに近い強引な提案をしてくる例もあったとの意見もありました。

システムの使い勝手が悪い

実際にSMBC日興証券を利用している方からの意見で多いのが、取引ツールなどの使いにくいさを感じられる点です。

スマホアプリの約定通知が遅い、動作がもっさりしている、画面が見にくい、PCサイトが使いにくい・・・など、スムーズな取引を求めている方は不満を感じているようです。

システムが複雑な部分が多く操作の手間がかかってしまうため、もっと使いやすいシステム環境の提供を求める声も見受けられます。

口コミの評判からわかったSMBC日興証券の特徴

SMBC日興証券に関するさまざまな口コミを調査した結果、以下のような特徴があることがわかりました。

困った時のサポート体制が充実している

SMBC日興証券は全国各地に支店が存在しているので、わからないことがあれば直接担当者に確認できることや、フリーダイヤルで問い合わせできるなどのサポート体制が整っているメリットがあります。

とくに初心者の段階では不明な点や、不安を感じることが多いと思いますので、丁寧なサポート体制が整っている証券会社は非常に心強い存在になってくれます。

また、リアルタイム株価や市場の最新ニュース、大手証券会社が誇るアナリストレポートなどオンライントレードに役立つさまざまな情報を随時発信しており必要な情報を効率よく取得できます。

また、各支店では投資に役立つ無料セミナーを随時実施しており、投資に関する知識やスキルを深める機会を多数設けています。

会場に足を運べない方には、セミナーのインターネット動画も配信しているので便利です。

IPOの同率抽選は販売数量の10%

効率よく、確実に利益を得たいと考えている個人投資家に注目されているのはIPO(新規公開株)ですが、SMBC日興証券は大手証券会社の強みを生かして当選確率が比較的高い点が大きな魅力として挙げられます。

一般投資家に販売するIPOのうち10%をめどに同率抽選が行われるため、取引内容によってハンデがなくすべてのお客様が同じ確率で抽選に参加できます。

また、ダイレクトコースのお客様だけを対象に最大5%をめどにステージ別抽選が実施されていますので、新規口座開設した方でもプラスアルファのチャンスが巡ってきます。

投資で利益を出しやすいといわれているIPOに当選しやすい環境が整っていることから、投資初心者にもおすすめできる証券会社といわれています。

投資によって口座を使い分けた方がよい

SMBC日興証券の強みを生かすためには、取引手数料の安い信用取引や、当選確率が高いといわれているIPOへの投資など、取引内容に応じて上手に活用するのがおすすめです。

無理にすべての投資をSMBC日興証券だけに集約するのではなく、複数の証券会社で口座を作っておき、それぞれの強みを生かして上手に活用しましょう

複数の証券会社に分散させておくと、リスク分散になって万が一のときの備えにもなりますので、ぜひ他社の証券会社についても比較検討しながら口座開設してください。

なお、SMBC日興証券の口座開設手続きや口座維持にかかる管理料などは無料となっておりますのでご安心ください。

SMBC日興証券での口座の作り方

SMBC日興証券に口座開設手続きをする場合には、まず担当者に相談しながら投資できる「総合コース」か、インターネットでお取引を行う「ダイレクトコース」のどちらにするか決めておきましょう。

それぞれメリット・デメリットがありますので、「何かと不安なことが多いので手数料が高くても直接担当者に相談したい」という方は総合コースを、「多少なら投資の知識があるし手数料は安い方が良い」という方はダイレクトコースを・・・など、どのようなお取引を希望しているのかによって最適なコースを選びましょう

口座開設手続きに必要になるのは、個人番号(マイナンバー)と運転免許証などの本人確認書類です。

必要書類をスマートフォンで撮影し、専用アプリからお申し込みした場合は最短4日で口座開設手続きが完了してお取引を始められます。

申込用紙をご自身でプリントアウトして必要事項を記入し、必要書類を同封して郵送した場合は最短5日でお取引を始められます。

この他、申込書類を取り寄せて郵送、最寄りの支店で口座開設手続きをする方法もあります。

特定の取引のためSMBC日興証券を活用

SMBC日興証券は信用取引における手数料の安さや、IPOの取り扱い数・当選確率などについて利用者からの評判がとても良い大手証券会社です。

サポート体制に関しても他社より優れている面も多いなどのメリットはありますが、取引ツールの使いにくさや取引内容によっては手数料が高いなどのデメリットもありますので、メリットが多い部分について有効活用できるように使い分けることをおすすめします。

複数の証券会社に口座開設しておくと、それぞれのメリットが大きい部分を上手に活用できますので、ぜひいくつかの証券会社を比較し、使い勝手の良いところに口座を作っておきましょう。