買い気配とは?気配値の読み方と株の値動きを察知する方法

株式投資のサイトなどを見ていると、「買い気配」や「売り気配」という言葉を頻繁に目にするのではないでしょうか?

ですがそもそも日常生活では馴染みの無い言葉であるため、よく分からないと感じてしまっても全くおかしくありません。とは言え、株式投資をする上ではとても重要になってくるので、これを機に覚えてしまいましょう。

今回は「買い気配」をはじめ”板”や”注文方法”など、株の基本的な知識を広くご紹介していきます。さらには株式投資の心構えや勉強方法についても触れていきますので、この記事を読めば実践的に役立つこと間違いなしです!

この記事を書いた人
ファイナンシャルプランナー
児玉一希
プロフィール・所持資格 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が定めている、ファイナンシャルプランナー技能士の資格を有し、当サイトの監修活動を始め、相場情報のまとめやコラムを寄稿する活動なども行なっている。

株の値動きがわかる板について知ろう

買い気配の意味を理解するためには、株の値動きがわかる「板」の理解が欠かせません。

では板について、さっそく解説してまいります。

板(いた)とはなにか

「板」とは、株式取引において買い注文と売り注文の一覧表として見ることのできるツールです。売買に出されている株式の値段や、それぞれの注文における数量などを見ることができるため、トレードを行う上では非常に役立つのですね。

ちなみに、板に出されている注文の株価については「気配値」と言うこともあります。

板に表示されるのは指値注文のみ

便利なツールである板ですが、実はこれだけで全ての注文状況が把握できるわけではないのです。

なぜなら基本的に板に表示されるのは、約定したい株価を指定して発注した”指値注文”のみとなっているため。株価を指定しない”成行注文”に関しては、発注してから一瞬で約定してしまうことがほとんどなので、板に表示されている間が無いのですね。

ただし例外として、売買が停止している寄り付き前や特別気配時などには、現在どれだけの成行注文が出されているか板上部に表示されることはあります。

売り気配と買い気配とは

株取引の板にまつわる用語として、「売り気配」と「買い気配」といった言葉がよく使われます。

これらは売り買いの需給バランスが偏った場合に使われる用語なのですが、では具体的にどのような状態であるかについても理解しておきましょう。

まず「売り気配」とは(買い注文に対し)売り注文が多すぎるために、値が付かない状態のこと。

「買い気配」はその逆で、(売り注文に対し)買い注文が多すぎて値が付かない状態のことを指します。

決算や企業のニュースなど強い材料が出た際にこうした状態は起こりやすく、その場合には取引時間中でも一旦売買を停止して注文の調整を計る”特別気配”となります。

板には厚いと薄いがある

板に出されている注文の多さを表す言葉には「厚い」「薄い」といった言葉が使われます。

売買されている株数の多い板が「厚い」、少ない板が「薄い」と表されるのですね。例えば売り注文が多ければ”売り板が厚い”、買い注文が少なければ”買い板が薄い”といったところでしょうか。

一般的に厚い板は勢いが強く、薄い板は勢いが弱いと捉えることができます。なので買い板が厚ければ株価は上昇傾向にあり、売りが厚ければ株価は下落傾向にあると見ることができるでしょう。

売買以外に株で得られるメリットも知っておこう

実は株では、売買以外に得られるメリットもいくつかあるのです。それについても理解しておくと、お得な思いをすることができるはずですよ。

企業の利益が還元される配当金

株式投資では売買で利益を得るだけでなく、株式を保有し続けることでもらえる「配当金」で利益を得ることもできます。

多くの会社において、配当を出すのは年1~2回、平均的な配当利回り(株価に対する配当金の割合)は2~3%となっています。

ここで、この「配当金」のように資産を保有しているだけで、安定的に受け取れる収益のことを”インカムゲイン”と言うのですが、株式投資はこれが比較的大きいのも特徴。

例えば同じくインカムゲインである銀行の定期預金では、平均的に0.025~0.170%程度の利回りとなっており、配当利回りではこの数十倍~百倍となっていることがわかると思います。

また、配当についての用語もいくつかあるのでご紹介いたします。

  • 無配:配当が無い株式会社のこと
  • 減配:配当の額が以前よりも減ること
  • 増配:配当の額が以前よりも増えること
  • 記念配:節目などに記念として出される配当のこと

株主優待による様々なサービスの提供

先ほどの配当金に加え、さらに株式を保有しているだけで受け取れるものがあるのです。それが「株主優待」になります。

これはその企業に関係する商品やサービス券、優遇などのプレゼントであり、配当金と同じく年に1~2回貰えることがほとんど。

なので株式投資におけるインカムゲインは実質的に【配当金+株主優待】となっており、他の投資と比べても充実しているのがわかりますね。

ただし、それぞれの企業によって株主優待の有無も異なってくるため、恩恵を受けるためには銘柄をしっかりと選ぶことが大切です。

便利なツールとして、各証券会社が提供するサービスのスクリーニング機能があるので、これを活用して気になる銘柄を探してみるのも面白いですよ。

株式投資する上での心構え

株式投資をする上では、その心構えを理解しておくことが大切。ではそれにはどのようなものがあるのでしょうか?

達成目標は明確にしておく

株式投資では達成目標を明確にしておくことで、格段に日々のトレードが行いやすくなる面があります。

そこでまずは、どのくらいの期間で、いくら貯めるのかを明確にすること。すると自分の目的に合った投資方法が選べるようになり、どのように資金を動かしていくのかについてもはっきりと定められることでしょう。

目標とする利回りによって、購入する銘柄やデイトレ・スイング・長期投資などといった投資スタイルを決めることにも繋がります。

勉強は習慣化させる

株式市場は日々変化していくため、株の知識は学校の勉強のように一度身に付ければ終わりというわけにはいきません。

なので勉強は習慣化させ、変わり続ける相場に柔軟に対応できるようになっていく必要があるのですね。

なのでまずは5分や10分などの短い時間でも、1日のうちで勉強のために時間を確保して毎日行うことで、だんだんと習慣化させていけるように慣れると良いですね。

資金管理を徹底する

投資において、資金管理は最も大切なポイント。リスクを避けるだけでなく、ゆとりを持った判断ができることにも繋がります。

大前提として、株に充てる資金と生活費は必ず切り離すようにしなければなりません。万が一、株での損により生活までもが困窮したのでは本末転倒になってしまいます。

予想が外れた場合に「損切り」を確実に行える姿勢も大切。損切りに関しては自分なりのルールを決めるなどして、いつでも適切な判断ができるようにしておくとベストです。

また、複数の対象に資金を分ける「分散投資」も心がけるようにしましょう。

自分が理解しやすい分野に投資する

株式投資では、何も全ての企業の事業分野を理解する必要はありません。実際のところ、一人の投資家が扱える銘柄は数銘柄から多くて数十銘柄といったところですし、その範囲だけでも十分に利益を得ることができるのです。

なのでわざわざ不利な分野に投資をする必要はなく、興味があったり理解しやすかったりと自分の得意分野としやすい銘柄に投資をするのがおすすめ。

ではそうした銘柄をどのように選ぶかですが、まずは食品や家電、化粧品など日常生活で慣れ親しんでいる商品の会社から見てみましょう。

その他にも、目に付いた企業の看板や商品、身近な人が働いている業界などなど、さまざまなところに株式投資のヒントはありますよ。

習うより慣れろの精神

株を始める前には、損をしないためにも完璧に知識を固めておかなくてはならないと感じていらっしゃるかもしれません。

ですがそれでは中々踏み出すことができなくなってしまうので、思い切って「習うより慣れろの精神」でトレードを始めてしまいましょう。

少額であればたとえ損をしても大したマイナスになりませんし、実際に売買してみることで株保有のメリット・デメリットを体感でき、勉強の理解度も格段に高まるはずですよ。

株式投資の勉強方法の基本

株式投資の勉強方法は、どのように行えば良いのでしょうか?ここでは、その基本的な部分から解説いたします。

入門書で基礎知識とイメージをつかむ

株を始めたての頃は、きっと右も左もわからない状態のはず。そこでまずは、前提である基礎知識とイメージを入門書で掴むのがおすすめ。

入門書は多くの方が執筆しているので、その中から見やすく図解されていたり、自分が読んでわかりやすかったりと気に入ったものを選ぶと良いですよ。

ただし、情報戦である株は鮮度が命。発行からすでに10年以上経つような、発行時期の古いものは避けるようにしてください。

バーチャル取引で練習する

勉強により得た知識は実践してみて身に付けるのが最適ですが、実際のお金が増減する株式投資だとなかなかそうはいきませんよね。

そこでおすすめが「バーチャル取引」のサービスで、仮想の資金により株取引をすることであたかも実際のトレードを行っているように練習ができます。

バーチャルと言っても、株価の値動きは実際の相場と同じ。なのでとてもリアルに出来ているのですね。

おすすめは「トレダビ」という無料のバーチャル株式投資ゲームで、スマホアプリでもパソコンでも利用することができます。65万人以上が参加しているため、自分の実力がどの程度か知るにもピッタリですよ。

バーチャル取引ならば実際にお金は動かないので、安心して好きなだけ練習できることができますね。

銘柄の情報源となる会社四季報を読む

年4回発行される、上場会社のあらゆるデータを網羅した情報誌が「会社四季報」。多くの投資家も見ている株式投資では欠かせない銘柄の情報源なので、是非とも積極的に読むようにしたいところです。

四季報で特に重視したいのが「企業業績」であり、過去5期分の業績を見ることができる上、今後2期分の業績予想までも掲載されています。特に業績予想は今後の株価にも大きく影響を与えるため、トレードには必ずや役立つことでしょう。

新聞を読むことも基本である

投資の勉強方法の基本としては、やはり「新聞」を読むことです。

毎日新しい情報を届けてくれる新聞は日々変動する株式投資とも相性が良く、日常的に目を通すようにすることで自然と勉強の習慣を身に付けられることでしょう。

新聞にもさまざまな種類がありますが、株式投資をするならやはり「日本経済新聞」を購読するのがおすすめ。経済の情報に特化しており、日々の相場や世界経済など、専門家による解説も充実しているので、毎日目を通していればいつの間にか株式相場の見方も身に付くことでしょう。

無料セミナーに参加する

そこで、証券会社などが開催している「株式投資セミナー」に参加してみるのもおすすめ。

セミナーでは株式アナリストやプロトレーダーといった、専門家による話を聞くことができるため、非常に有益な知識を得ることができるでしょう。

初心者向けの勉強会やセミナーは無料で参加できるものが多いので、気軽に足を運べるのもメリット。鮮度が良い情報を得られる上、そこで出会った多くの人と人脈を形成することにも役立つはずですよ。

まとめ

今回は「買い気配」をはじめ、株式投資のさまざまなポイントを解説いたしました。

好決算やニュースなどで銘柄に注目が集まると、売り注文が追いつかないほどの買い注文が殺到して買い気配となり、一時的に取引が中断してしまうのですね。

また、株には売買以外にも利益を得られる機会があったり、ご紹介したさまざまな心構えや勉強方法も頭に入りましたでしょうか。

まずは株の基礎知識や心構えを理解し、着実に投資家としてステップアップしていきましょう!