財テクとは一体なに?初心者でもおすすめで手軽な人気の財テク7選

将来に向けての財産形成として、有効な方法とされているのが「財テク」。

しかし「”資産形成”と何が違うのか?」や「どのようななメリットがあるのか?」など、馴染みの無い方にとっては疑問が多いのではないでしょうか。

そこで今回は初心者のための「財テク」について、基本的な意味からおすすめ7選などポイントをおさえて詳しくご紹介いたします。

この記事で「財テク」をマスターすれば、将来のために資産を増やしていく知識が身に付くはずですよ。

この記事を書いた人
株式会社ジャパンインベストメントスクール 株式投資コンサルタント ファイナンシャルプランナー
児玉一希
プロフィール・所持資格 日本最大級の投資スクール・メールマガジン「ジャパンインベストメントスクール」に所属。毎朝10万人以上に向けて、相場情報を届ける。

そもそも財テクとは

まずは、そもそも財テクとは何なのかについて解説いたします。

決して難しいものではなく、始めるまでのハードルも低いので初心者でも簡単に行えることがお分かりいただけるはずですよ。

手持ちの資金で財産を増やすこと

「財テク」とは、手持ちの資金を元手に投資などで財産を増やすことを指します。由来としては、ハイテクノロジーの略である”ハイテク”をもじって名付けられました。

日本において財テクが広まったのは、バブル経済全盛期とも。この頃には不動産価格をはじめ経済が全体的に急騰したため、投資家だけでなく一般の人々が財テクを行って財産を増やしやすいタイミングだったようですね。

それから現在に至るまで、資産形成の手段として財テクは一般的に。最近では仮想通貨やロボアドバイザーのように新たな投資対象も増えており、選択肢の幅も広がっています。

資産運用と財テクは別もの

「財テク」と言っても、いわゆる”資産運用”を少し言い換えただけなのでは?と思われるかもしれません。ですが実際のところ、”資産運用”と「財テク」は別もの。

”資産運用”と言えば、数年~数十年といった長い時間をかけて、じっくり安全に資産を増やす方法。一方で今回解説している「財テク」は、ハイリスクハイリターンで短期間に高利益を狙う方法なのです。

そのため大きなリターンを狙うのはもちろんですが、リスクを最小限に抑えることについても意識しながら行っていきましょう。

気軽に始められる初心者におすすめの人気の財テク7選

やはり初心者が始めるなら、まずは気軽に行える方法が一番。

ここではそんな財テク方法を、数ある中から7つに厳選してご紹介いたします。

iDeCo

「iDeCo」とは自身で老後に向けたお金を積み立てて行う、確定拠出型年金の制度。毎月一定額を定額積み立てし、さまざまな金融商品に運用することで財産を増やしていく仕組みとなっており、さらには所得控除になり高い節税にもなるのです。

選べる金融商品には大きく分けて、「元本確保型」「価格変動型」の2種類がありますが、財テクを行うならおすすめは後者の「価格変動型」。多少のリスクを取りつつも大きめのリターンを狙える商品となっているので、資金効率の面で優れていると言えるでしょう。

またiDeCoの大きな特徴として、その安全性の高さがあります。たとえお金を預けた銀行や証券会社が倒産しても元本は保証されるようになっており、将来の貴重な資金を預けるにも不安なく行えるのがメリットですね。

ふるさと納税

全国各地の市町村に向け一定額の寄付をすることで、名産品などお礼の品を受け取れるのが「ふるさと納税」。”納税”と付いていますが、実質的にはこのように寄付に近いので誤解しないよう注意してください。

ふるさと納税を行うと、寄付した金額から2,000円を引いた額が所得税や住民税から控除されるようになっているため、節税しつつさまざまな商品も受け取れるお得な制度となっているのですね。

市町村側も寄付金を集めるため競うように豪華な返礼品を用意しており、還元率が高すぎて規制がかけられた自治体もあるほど。寄付額に対してその価値を上回るような商品が受け取れることが多く、財テクの面から見てもバッチリですよ。

住宅や保険ローンの見直し

手持ちの資産を活用することはもちろんですが、余計な支出を減らすことも立派な財テクです。

そこで見直したいのが、家計の支出として大きな部分を占める「住宅や保険のローン」。毎月の支払いが固定であるこうした住宅や保険のローンの見直しをすることにより、支払わなくてはならない利子が減ることに繋がります。

すると長期的に見れば、数万円~数十万円単位もお得になる結果となり、その分を投資などの運用にも回すことができるのですね。

国債への投資

国が発行する債券である「国債」に投資をするのもおすすめ。信頼性の高い国により、利息の支払いや元本の返済について保証が付いているため安心して投資を行うことができます。

始めるためのハードルも低く、1万円程度の少額からでも購入できます。銀行に預金するよりも利率が高く、国債では10年債で平均年利0.05%程度。

銀行や証券会社で購入可能となっているので、興味があれば普段お使いのところに問い合わせてみると良いでしょう。

NISA

株式投資や投資信託では、通常であれば売却益や配当益になんと約20%もの税金がかかってしまうのです。

しかし、その税金を一定額までゼロで行えるのが少額投資非課税制度「NISA」。投資額にかかる運用益が、年間40万円までの非課税となる制度となっています。

NISAには「NISA」と「つみたてNISA」といった種類がありますが、財テクで短期間の高利益を狙うなら通常の「NISA」がおすすめですよ。

年金財形や住宅財形

会社勤めをしている方のような、勤労者が財産形成を促進するために設けられた税制面の優遇制度を”勤労者財産形成貯蓄制度”、一般的に「財形」と言います。では、財形として代表的な「年金財形」「住宅財形」について見ていきましょう。

年金財形

月々の給与からの自動貯蓄により、意識しなくても老後のための資産形成ができるのが「年金財形」。一般的に年金と呼ばれる”年金保険”とは別物なので、混同しないように注意してください。

こちらの制度では非課税で老後に受け取れる資金を積み立てることができ、種類は

  • 「貯蓄型」(預け先が銀行、証券会社など)
  • 「保険型」(預け先が生命保険会社、損害保険会社など)

と2つに分かれます。

「貯蓄型」では元利合計550万円まで、「保険型」では払込保険料の累計額385万円までが非課税で積み立てられるようになっていますよ。

住宅財形

財形制度を利用している方が住宅の購入などを検討している場合には、財形住宅融資を受けることが可能。これを利用することで、何かとお金のかかる住宅購入時やリフォーム・建設のための資金づくりができるため、非常に重宝することでしょう。

金利については状況により異なってきますが、平均的に0.7%前後と低め。現在では金利を低く抑えた住宅ローンもありますが、財形住宅融資と比較しどちらを利用するか選ぶようにするのが良いのではないでしょうか。

財テクを継続するためのポイントは

財テクにおいても、長期間にわたり継続することが重要。

では、財テクを継続するためのポイントはどのようなことなのでしょうか?

無理なく精神的なストレスが少ないことが大事

財テクを長く継続するのであれば、無理なく精神的なストレスが少ないよう行うことが大切です。

間違えても、生活に必要な資金を使って財テクを行うことは厳禁。自らの資産状況や生活状況を踏まえたうえで、余裕を持って捻出できる資金で行うようにしましょう。

財テクの対象としても、確実な利益が少しづつ期待できるものを選びたいところですね。

株や不動産やFXは上級者向け

今回「株・不動産・FX」といった投資についてはほぼ触れなかったのですが、それは初心者が簡単に利益が得られるものではないためです。

いずれにしても始めるためには大きな元手が必要となり、資金に十分な余裕が必要。ハードルが高く、「財テク」として気軽に始めるにも不向きなところがあります。

しかしこれらの投資も、成功すれば大きなリターンが期待できるため、財テクに慣れてもっと積極的に資金を運用したいと思ったら手を出してみると良いでしょう。

ライフプランに合わせて目標値を決めること

確実に利益を積み重ねられるようになるためにも、財テクにおける目標値は明確にしておくようにしておきましょう。

ここで大切なのは、自分のライフプランを踏まえて考えること。「何歳までにいくら必要」「○○年でいくら増やす」といったように、期限や金額を設定し、いくら必要かを考え、自分に合った財テク方法を探していきましょう。

まとめ

今回は「財テク」について解説してまいりました。

じっくり行う”資産運用”と異なり、短期間でハイリターンを狙うのが主流である財テク。iDeCoや財形のように積み立てていくものから、国債・NISAのような投資、さらにローンの見直しなど様々な方法があるのですね。

これからの将来のためにも、これを機に是非とも財テクを始めてみましょう!