投資信託は儲かる?儲かる確率と儲けの平均、コツをわかりやすく解説!

低リスクで安定的に資産を増やせる方法として、人気を集めているのが「投資信託」。

現在ではさまざまな証券会社が運営し、商品の選択肢も非常に充実しています。

ですが実のところ、本当に「投資信託」で儲けることはできるのでしょうか?

今回の記事では「投資信託」の根本的な仕組みから見ていくことで、そうした疑問にお答えいたします。

さらには商品選びのポイントや儲けるコツ、注意点といった実践的な内容にも触れていきます。

記事を読み終えた後にはきっと、すぐにでも投資信託を始めてみたくなってしまうはずです。

投資信託が気になっている方は、ぜひともこの記事を読んで、運用を始める第一歩としてくださいね。

この記事を書いた人
株式会社ジャパンインベストメントスクール 株式投資コンサルタント ファイナンシャルプランナー
児玉一希
プロフィール・所持資格 日本最大級の投資スクール・メールマガジン「ジャパンインベストメントスクール」に所属。毎朝10万人以上に向けて、相場情報を届ける。

投資信託で儲けることは可能か

まず始めに気になるのは何と言っても、「投資信託で儲けることは可能か」ということ。

儲けることができないのであれば、せっかくやり方やコツを学んでも無駄になってしまいますよね。

結論から申し上げれば、投資信託で儲けることは十分に可能です。

投資信託はその性質上、長期的な運用に向いていますので、長年に渡って継続することで、安定的な資産形成が期待できることでしょう。

ただし、株式投資やFXとは違い、短期的に大きく儲けるのはその仕組みから考えてほぼ不可能です。

投資信託ではあくまで長期投資を前提に、じっくりコツコツとお金を増やしていくものだということを理解しておいてください。

投資信託の仕組みとは

投資で儲けるためには、仕組みをしっかりと把握しておくことが大切。

ここでは、投資信託の仕組みを理解しておきましょう。

預けたお金で専門家が投資をおこなう

投資信託では運用会社が多くの投資家から預けられたお金を基に、投資の専門家であるファンドマネージャーが株や債権など複数の商品に投資を行います。

投資が成功すると利益を投資額に応じて分配し、投資家へと収益が入ってくる仕組みとなっているのですね。

投資信託では、難易度の高いトレードを全てファンドマネージャーに任せることができるのが特徴です。

これにより、投資経験の無い初心者の方でも気軽に始められるのが大きなメリットとなっています。

得られる利益は主に2種類

投資信託において得られる利益は、主に「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の2種類があります。

では、それぞれについて見ていきましょう。

資産を保有することで得られる利益

資産を保有することで安定的・継続的に受け取ることのできる利益のことを「インカムゲイン」と言います。

投資信託においては、このインカムゲインが主な収益源となります。

信託商品を保有していることで、ファンドマネージャーが運用で出した利益を受け取れる”分配金”がそれに当たります。

受け取れる頻度はさまざまであり、月1回~年1回あたりがよく見られる例です。

資産を売却することで得られる利益

保有している資産の価格が値上がりした際、売却することで得られる収益を「キャピタルゲイン」と言います。

実は投資信託においても、株式などと同様に売却することで、キャピタルゲインを得ることが可能です。

ただし、注意点として、投資信託の売却には”ブラインド方式”というルールが存在します。

このルールにより、売却時に売値が分からなかったり、解約手数料やその他の手続きも多かったりと制限があるのです。

投資信託によって売却でキャピタルゲインを得るのにはあまり向いていませんので、注意しましょう。

儲かるための投資信託を選ぶポイント

さまざまな商品がある投資信託では、良質なものを選ぶことが重要です。

では、儲かるための投資信託を選ぶポイントはどのようなところにあるのか見ていきましょう。

購入手数料がかからない

”購入手数料”とは投資信託を購入する際に、一度だけ発生する費用のことです。

ファンドごとにその額も異なるのですが、一般的に購入手数料は3%程度に設定されていることが多いです。

一見大した額ではないように思えますが、投資信託では数十万~数百万もの高額を運用する場合もあり、そうなると購入手数料だけで数万円かかってしまうことも。

ですが、中には購入手数料がかからない投資信託もあり、それが「ノーロード型投資信託」と呼ばれる商品です。

こちらを利用すれば、購入手数料ゼロで買付ができるためとてもお得ですが、気を付けなければならない点もあります。

購入手数料が無料の場合、言わば投資信託の管理費である”信託報酬”が、通常より高く設定されていることがあるのです。

そうなると、トータルで見た場合に損をしてしまうことになりかねませんので、選ぶ際はこうした額もしっかりチェックしておきましょう。

信託報酬の低さ

先ほども述べた「信託報酬」は投資信託の運営者に支払う報酬のことで、投資信託を保有している間は継続して発生する仕組みになっています。

一度だけの購入手数料と異なり、継続的にかかる費用なので低ければ低いほど良く、選ぶ際には最重要視したいポイント。

信託報酬が高いと、たとえ利益を上げた場合でも、実際に手にする収益は大きく目減りしてしまうケースもあるため、慎重に選びたいところです。

信託報酬は年1~2%程度の商品が多いのですが、中には年3%を超える高い商品から、逆に年0.5%を下回る低い商品などさまざま。

投資信託の利回りや、短期・長期といった投資期間などの面も考慮して検討するのがおすすめですよ。

純資産残高が大きく増加傾向である

「純資産総額」とは、ある投資信託の商品が集めている資産の合計額のことです。

つまり、純資産総額の大きさは、その投資信託がどの程度支持を集め、実際に買われているかということを表しているのです。

純資産総額が年々増加している場合、それは多くの投資家から買われ続け、人気が上がっているということになります。

そうした商品は利回りやコストなどの面で優れていることが多いので、比較的投資を成功させやすいと考えられます。

インデックス型やバランス型を選択

投資信託の運用タイプは、大きく以下の3つに分類されます。

  • 「インデックスファンド」:日経平均株価や、東証株価指数(TOPIX)などの指数に連動して資産運用を行うタイプ。
  • 「アクティブファンド」:インデックスファンドよりも高い利益を出すために、個別銘柄などにも積極的に資産運用をするタイプ。
  • 「バランスファンド」:1つの商品で、全世界の株式・債券・REITなどにバランスよく投資を行うタイプ。

ここで、安定した資産運用で利益を上げたいと思うなら、「インデックスファンド」か「バランスファンド」を選ぶのがおすすめです。

「アクティブファンド」については、信託報酬が高めでリスクも大きく取る商品が多く、状況によっては最終的な資産額が少なくなるデメリットがあります。

ですので、初心者の方にはやや不向きと言えるでしょう。

運用期間の期限が無い

投資信託には運用期間(償還日)が定められているものもあり、こうした商品はその期間を過ぎると、その時点で運用を終えてしまいます。

運用の終了とともに最終損益も確定するため、注意しましょう。

例えば、一時的な下落時に終了してしまった際には、これから値上がりする可能性があるにもかかわらず、損失が強制的に確定してしまう場合があるためです。

そうした事態を避けるためにも、運用機関の期限が無い投資信託を選ぶのがおすすめです。

こうした無期限の投資信託を利用することで長期的な運用が可能になり、利益が出たタイミングでうまく売却もできるといったメリットがあります。

毎月分配型投資信託は避ける

一般的に投資信託は、決算日後に分配金を受け取ることができるようになっています。

ですが分配方針は投資信託ごとに異なり、中にはより多く分配を行っているものも。

以下に分配方針の一例を上げてみました。

  • 「年1回配当」年に1回分配金が支払われる
  • 「毎月分配型」毎月分配金が支払われる
  • 「無分配型」分配金がないもの

これを見ると「毎月分配型」が一番お得なように感じられるかもしれません。

しかし、投資信託は分配金を支払った分だけ基準価額が下がり、運用に回せる資金が減るといった面があります。

そのため、長い目で見た場合、分配金を受け取らずにその分を運用に回した方が投資元本を増やせます。

加えて、それだけ複利効果が高まり、投資効率を上げられるように。

一方の「毎月分配型」は複利効果が得られず、税金も毎回かかってしまうため、実はデメリットの方が多いのですね。

特に、長期運用の場合はロスが大きくなってしまいがちですので、できるだけ避けるようにしましょう。

投資信託で儲けるコツ

投資信託に限らない話ですが、資産運用の基本は「長期投資・分散投資・積立投資」の3点とされています。

それぞれについては以下の通り。

  • 長期投資:購入した後、10年、20年などの長い間持ち続けること。
  • 積立投資:月々1万円投資するなど、コツコツと継続的に投資すること。
  • 分散投資:日本の株だけでなく、アメリカの不動産やインドの債券など、さまざまな国や資産に投資すること。

これらの方法を実践することで、目先の値動きの影響を受けにくくなります。

その結果、余計な損失も抑えられ、リスクを下げるだけでなく、より大きな利益を出せる可能性も高めることができるのです。

投資信託でしっかり儲けるためには、この基本をしっかり押さえておくことが何よりのコツと言っても過言ではありません。

投資信託に関する注意点

投資信託には、初心者が陥りやすい注意点もいくつかあります。

最後にそうした注意点も頭に入れておき、不向きな投資信託を選ぶリスクを避けられるようにしておきましょう。

人気ランキングに惑わされない

これから始める方がどの投資信託を選ぼうか検討する際、まず参考にするのが商品の「人気ランキング」ではないでしょうか。

ランキング上位の商品であれば、それだけ投資している人数が多く、利益を得られやすいように感じるかもしれません。

ですが実のところ、人気ランキングをあまり鵜呑みにするのは考え物。

こうしたランキングには、その時々で一時的に話題になった商品が上位に来ることが多く、必ずしも優れた商品が反映されるというわけではないのです。

なのでランキングなどに必要以上に頼るのは控え、自分の考えで投資する商品を選べるように知識を深めていきましょう。

短期の利回りだけで判断しない

「利回り」とは投資金額に対し、ある一定の期間に得た利益がどれくらいの割合であるかを表す指標のことです。

投資信託では基本的にこの利回りを使って、商品の紹介がなされるようになっています。

そこで注意したいのが、「短期の利回りだけで判断しない」こと。

と言うのも、短期的に高い利回りが出る商品であっても、長期スパンとなった場合にその利回りを維持できるかはまた別の話だからです。

投資信託は長期で運用が前提であり、直近のリターンの高さだけで商品を判断してしまうと、思っていたのと違う結果になってしまうこともあります。

ですので、短期から長期まで総合的に利回りを見た上で、判断を行うようにしてくださいね。

まとめ

今回は投資信託で儲けることはできるのか、基本的な仕組みから投資信託選びのポイントといったことも踏まえて解説いたしました。

プロのファンドマネージャーに運用を任せられる投資信託は、投資初心者でも十分に儲けることが可能です。

しかし、あくまで長期投資が前提となるため、儲けるためにはコツコツと時間をかけて取り組まなくてはならないのですね。

この記事でご紹介した知識も参考に、是非とも自分に合った投資信託を探してみてください。